TOP > 観光地から探す

観光地から探す 富士山、南アルプスなどの大自然、清里や温泉郷など癒しスポット、武田神社で歴史の散策と、誰もが知ってる観光名所から情報を探せます。

観光施設・アミューズメント

舞鶴(甲府)城址

武田氏滅亡後、豊臣秀吉の側近の大名により築城された。かつては20ヘクタールほどの広大な城郭であったが、現在は城跡の一部が「舞鶴城公園」として開放されている。

image

問い合わせ先
  • 舞鶴(甲府)城址
  • ■営業時間 公園は常時開放、稲荷櫓は午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
    ■休業日 公園は常時開放、稲荷櫓は月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日
    ■料金 無料
    ■所在地
    ■電話番号 055-226-6550(甲府市観光協会)
URL
http://www.city.kofu.yamanashi.jp/kanko/index.htm
交通手段
  • JR中央線甲府駅から徒歩5分

この観光地の記事

商店街のシンボル

 商店街にはそれぞれのシンボルがあります。春日あべにゅうでは商店街のひさしに、ひまわりの花の飾り付けが並んでいます(1枚目)。ちなみに裏春日(正式には仲町通り)は百鬼丸さんの切り絵が顔になっています。  私が七夕の飾り付けで「?」と思ったのは、オリオンスクエアのシンボルでした(2枚目)。小さいので見…

  • ■ 更新日:11/7/1
  • ■ ブログタイトル:ヤマナシプロデュース
  • ■ 投稿:青木茂樹

image

甲府中心街の風物詩

 いよいよ暑い夏がやってきますが、暑気払いに中心街に出かけてみてはいかがでしょうか?7月1日から一週間ほどいろいろな催しが行われるそうです(中段のポスター)。来週の土曜日には山梨県立大の学生が中心となっている”よつびし総研”の浴衣祭りが14:30頃から行われます。若き学生さんの清々しい浴衣姿で涼むもよ…

  • ■ 更新日:11/6/29
  • ■ ブログタイトル:ヤマナシプロデュース
  • ■ 投稿:青木茂樹

image

甲府城に白木蓮

白い鳥が群れて飛んでいるように見える白木蓮です。 この花が咲くとソメイヨシノ桜の開花が近い。 一気に春が押し寄せてきます。 平成23年3月21日甲府城稲荷曲輪にて

  • ■ 更新日:11/3/21
  • ■ ブログタイトル:山梨の山
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

甲府城コヒガンサクラ開花

甲府城稲荷曲輪にコヒガンザクラが開花しました。 東北関東大震災の惨事とは別に季節の理どうりに今年も桜が開き始めました。自然の摂理は同時進行で人間に断わりなく進行します。 南無阿弥陀仏 平成23年3月21日撮影

  • ■ 更新日:11/3/21
  • ■ ブログタイトル:山梨の山
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

甲府城の春一番(梅)

甲府城の梅もほぼ役割を終えて早咲きのエドヒガンザクラ、エドコヒガンザクラにバトンタッチをしようとしています。 あと1週間か10日位で開花するのではないでしょうか。 私にとって春のサクラはいつも心の準備を与えず突然やって来ます。 甲府駅周辺の人の流れはそれ程変わっていないようだ。 空洞化が顕著になって久しい…

  • ■ 更新日:11/3/13
  • ■ ブログタイトル:山梨の山
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

マリーゴールドの咲く甲府城

蒸し暑くて誰も甲府城に登って来ない。甲府城は階段があるので登ってこないのかな。 広い面積ではないが、JR中央線路側から見た甲府城の斜面には花壇があって今の時期はマリーゴールドが咲いています。 春先から初夏はビオラとパンジーとチュウーリップの混栽だった。 甲府城は山梨県の史跡として、なるべくシンプルに江戸時…

  • ■ 更新日:10/7/11
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

亀の甲羅干し

亀の甲羅干しを見たことがありますか。 動物園に行っても意外と自然の生活環境で観察することが出来ないかもしれません。 甲府舞鶴城公園の堀には晴れた暑い日には石の上に沢山の亀が甲羅干ししている姿を見ることが出来ます。 晴れた暑い日でないと駄目です。 6月29日のこの日も30度を超える暑い日でした。 甲羅干しもそう…

  • ■ 更新日:10/7/9
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

梅雨の季節を楽しむ

アジサイの花は梅雨の季節を楽しませてくれます。 県の内外にアジサイ寺があります。私も例年、増穂のアジサイ寺(小室山妙法寺)に行っています。癪の種は観覧料200円が必要です。 甲府城の稲荷櫓下の公園にもアジサイが咲いています。 観覧料は無料です。 ですが駐車場がありません。周囲の民間の駐車場に車を入れるともっと…

  • ■ 更新日:10/6/23
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

甲府城のアジサイ

甲府城の庭園にアジサイが咲いています。 盛りを過ぎて少し色が焼けてきた感はありますが、なかなか綺麗です。 アジサイの咲いている場所は二箇所あって鍛冶曲輪の現在、日本庭園になっている部分と稲荷櫓の下でその昔、柳沢吉保吉里親子が城主であった時期以来、花畑のあった薬草園の曲輪の部分を公園にした部分です。 この…

  • ■ 更新日:10/6/23
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

お堀の生き物

山梨県の最大の都市のど真ん中。 その都市のお堀の中にも生物が暮らしています。 人工的に造られた環境(入水排水)ですが極力人間が立ち入らなくてほったらかしにされていることが返ってその生き物にとって暮らしやすい環境を提供しているのかも知れません。 写真には写っていませんが水鳥の鴨や鯉の他ハヤなどの小型の魚が…

  • ■ 更新日:10/6/23
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

カメデス君は脱皮するんだそうです。

「カメデス君」全国放送で紹介されすっかり有名になりました。 県都市計画課だったか土木事務所だったか捕獲作戦を繰り広げましたがなかなかすばしっこく捕獲が出来ませんでした。 先週の火曜日、タモ網では無理なので投網を使って捕獲すると言っていたのでその後に投網で掴まえたのでしょうか。 甲府城のお堀に誰かが放した…

  • ■ 更新日:10/6/22
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

稲荷曲輪カフェ

舞鶴城公園稲荷曲輪に飲み物屋や食堂街が出現しました。 そしてそこで買ったものをテーブルと椅子ある一角で飲食しながら談笑するお客さん。 私の頭は古くてカフェと言えばフランス語のコーヒーの事だと思っていました。カフェオーレーもフランス語でコーヒー乳飲料と翻訳するのかな? 転じてヨーロッパの特にフランスの街角…

  • ■ 更新日:10/4/12
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

信玄公祭子供軍団行進出発式

子供軍団行進出発式 何とか桜が持ち応えて呉れました。 信玄公祭は信玄の命日4月12日の前の土曜、日曜の二日間催されます。 土曜日は前夜祭で主に出陣式や各武将の軍団の陣屋でものパーホーマンス、そして軍団の騎馬隊が市中パレードをします。夕方から夜に掛けて行なわれます。 今年の場合は4月10日(土)と4月11日(日)で…

  • ■ 更新日:10/4/11
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

甲府城桜満開4月4日

もう食傷気味かもしれませんが、同じ写真は一枚もありません。 平成22年4月4日はこの年の甲府城の満開で最も美しい盛りの艶姿です。 どうぞ見てやって下さい。

  • ■ 更新日:10/4/5
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

甲府城花盛り

甲府城の一番賑やかな時期となりました。 私の写真撮影の感覚では4月4日が満開です。 この桜の時期に県内のどこへ繰出すか? 信玄公祭は一週間遅れの4月10と11日です。 平成22年3月3日撮影

  • ■ 更新日:10/4/4
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

花の宴

花の宴 桜にはその後に必ず人の存在が有ります。 桜を撮るとき人を撮ります。 人を撮るとき桜を撮ります。

  • ■ 更新日:10/4/2
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

稲荷櫓

天守郭や本丸櫓、二の丸櫓などの城郭内部の郭とは別に内堀の隅々に二層ないしは三層の櫓がありました。 その場所から城外の様子を窺う場所であり、一階部分には有事の際の武器などを保管する倉庫でした。 復元した稲荷櫓もそうした目的の為の建築物でした。 江戸時代において軍隊としての戦力は既に鉄砲などの火器が主戦力だ…

  • ■ 更新日:10/4/1
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

(一期一得)×90

織田信長は人生50年、現代は人生90年。 桜を見るのは最大90回。 繰り返しの多重記憶がその人の原風景となって定着して行くでしょう。 映像や写真も重要な表現の媒体です。 理屈や物語を語彙や文章で表現するのも一つの表現の媒体だ。 決定的な瞬間ではないけれども桜を毎年見る事の出来る山梨県は、やがてその人の原風景として…

  • ■ 更新日:10/3/31
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

木蓮と石垣

石垣を引き立たせてくれる木蓮です。 甲府城跡で築城以来400年の物的歴史遺蹟は何か? それは石垣です。 石垣を残すのみで他にめぼしい実物はありません。 そうした史蹟から甲府城を眺めると石垣が主題となります。 石垣から甲府城の歴史を展開して説明してゆきます。 程ほどに、、、、それは 都市公園法に則り公園として眺めれ…

  • ■ 更新日:10/3/31
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

陽光桜ご苦労様

陽光桜御苦労様でした。 前後してコヒガンザクラが咲きそして二日遅れ位にエドヒガンザクラが咲き夫々満開となり現在峠を越えました。 ヨウコウサクラは寒緋桜を親に持つアマギヨシノとの交配種だそうですが ベニ色が濃く遠めには桃ですか?と何方からも質問を受けます。 ソメイヨシノに先駆けて彩を添えてくれました。 この花…

  • ■ 更新日:10/3/30
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

甲府城のソメイヨシノ3歩から5歩咲き

甲府城のソメイヨシノが三歩~5歩咲きになって来ました。 これから先の天候にも影響を受けますが4月3日から4日頃が満開だろう。 そのことは甲府盆地のソメイヨシノはどこもそのころに満開となるだろう。 首都圏の人、山梨県の人、どうぞ花の宴を山梨の地で満喫して下さい。 甲府市及び近郊の方は是非舞鶴城公園にいらっして…

  • ■ 更新日:10/3/30
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

コヒガンザクラ満開

甲府城コヒガンザクラ満開 平成22年3月23日 マメザクラとエドコヒガンザクラの交配種です。

  • ■ 更新日:10/3/23
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

エドヒガンザクラ満開

甲府城のエドヒガンザクラ満開です。 平成22年3月23日

  • ■ 更新日:10/3/23
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

陽光桜満開

甲府城の陽光桜が満開になりました。 平成22年3月23日

  • ■ 更新日:10/3/23
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

甲府城寒緋桜

甲府城山の手御門に寒緋桜(カンヒサクラ)が開花しています。 3月18日撮影。 寒緋桜(別名ヒマラヤサクラ)はヒマラヤや中国西南部から台湾に分布するサクラで日本には自生地はありません。 何れかの時期に日本に渡って来たものです。薩摩から江戸に伝わった事から薩摩緋桜と呼ぶ場合があるそうです。 現在は関東地方南部…

  • ■ 更新日:10/3/19
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

陽光と染井吉野との比較

同じ甲府城のすぐ近くの染井吉野と陽光との比較です。 写真1染井吉野 染井吉野はかなり大きく膨らみ始めていますがまだ蕾が丸い状態です。 丸い蕾の中に数個の花が入っています。やがて蕾が割れて花が数個つぼんだ状態で出て来ます。 写真2と3は陽光です。

  • ■ 更新日:10/3/16
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

陽光桜開花

3月16日陽光桜(?)開花 甲府城稲荷曲輪に陽光桜と思われる桜が開花しました。 陽光桜は染井吉野に比較して早く咲く。色が濃くピンクで染井吉野の淡ピンク乃至殆ど白と異なる。 特徴は花の直径が4.5cmで染井吉野とほぼ同じ大きさです。 早咲きの江戸彼岸桜や小彼岸桜は花の直径が2.5cmと小さい。 此処で問題となる…

  • ■ 更新日:10/3/16
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

びっくりしたなモー

誤ってIDとパスワードを3月2日消してしまった。 何処かにメモをしていたのですがどこに書いたか忘れてしまった。 迷子の迷子の子猫さん、あなたのおうちはどこですか? ドングリころころドングリコお池にはまってサー大変。困ってしまってサー大変。 その間、改めてブログの効用を考えた。 巷にある観光情報は掃いて捨てるほ…

  • ■ 更新日:10/3/12
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:

image

3月8日甲府城(木蓮)

梅の満開が過ぎて、桜に先駆けてそこまで木蓮が咲きそうです。 写真2は白木蓮 甲府駅から歩いて5分の地にこんな素敵な公園があります。 市民から県民からそして県外の観光客から殆ど利用されていません。 タダだというのに。 駐車場がないからです。

  • ■ 更新日:10/3/12
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

3月8日甲府城(あせび)

甲府城に赤と白の馬酔木(あせび)が咲きました。 隣のボケは今にも咲きそうです。 3月3日は朝から小雨が降りました。とても寒い一日でした。 そんな中、団体予約で甲府城ボランテアガイドが午後から入っていて出動しました。 甲府市北新地区の某少年団の6年生卒団式の記念行事でした。 子供に甲府城をガイドするのは難しいで…

  • ■ 更新日:10/3/12
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

石垣のある風景

石垣のある風景 築城者や城主や城代や甲府城勤番士にとってこんな平和な風景は想像出来なかっただろう。 城内を公開する事もなかっただろうし、特定の者しか立ち入れなかった事に意味があっただろう。 お城は権力と権威のシンボルであり、その少し前の戦国時代は攻防を繰り返す血なまぐさい戦の守りの拠点だった。 寒い季節で…

  • ■ 更新日:10/2/23
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

紅梅

紅梅が咲いた。 不老園の梅も咲いただろう。 暫くご無沙汰しています。 梅を名物にしている庭園は多かろう。それはそれで春を待ちわび、繰り出す素晴らしい感慨だ。 梅一輪の静けさはどこの梅園も同じだ。 大切なのはしっかり梅に向かい合う事だと思う。 ここ甲府城にも数本の梅の木があります。  撮影は2月8日甲府城にて 写真機…

  • ■ 更新日:10/2/21
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

甲府城三葉の松

武田神社の三葉の松で以前書いたような気がしますが、どこまで書いたか忘れてしまいましたので再びダブルかもしれませんが書いてみます。 三葉の松は北米大陸原産の松科の植物ですが日本の松と性質がかなり異なっています。 それは不定芽(胴吹)が出ることです。 樹木の剪定や特に松の盆栽をする人にはよく理解していただけ…

  • ■ 更新日:10/2/21
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

日韓の架け橋に

人気が出ないかな?ひし丸君。 1月8日に門松の写真を外し1月15日の小正月のドンド焼きにくべて燃やす。旧田富地区のドンド焼き祭りが近づきて来ました。 鏡餅を割って小豆を煮てぜんざいとして食べます。 1月10日は甲府市も中央市の成人式でした。晴れ着を身に纏った新成人が誕生しました。 1月10日(日)午後から甲府城でボ…

  • ■ 更新日:10/1/10
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

舞鶴城公園(甲府城址)の初冬(7)

晩秋から初冬、ブロンズの舞鶴について 甲府城址の鍛冶曲輪の舞鶴橋(堀の内側)の袂にブロンズの舞鶴がいます。 写真1参照 その昔、大正7年に大正天皇の即位を記念して本丸に池を造りその中にこの舞鶴を置いて口から水を出して噴水にしていたそうです。 恐らく甲府城(舞鶴城)の愛称として舞鶴城公園のシンボルマークが鶴…

  • ■ 更新日:09/12/22
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

地元で自慢できる祭り~~~信玄公祭り

 山梨で一番大きな祭りは何? と聞かれる時、迷わず、「信玄公祭り」だと答えます。  毎年4月ですね!!!  私は2008年4月5日に参加させていただきました。  大学から異文化体験として、勧めてくれました。  当日、私は「三条夫人」の隊列で行進してきました。(経由舞鶴城、甲府駅、甲府中心町、市役所の前の道な…

  • ■ 更新日:09/12/6
  • ■ ブログタイトル:秋水長天
  • ■ 投稿:秋水長天

image

舞鶴城公園(甲府城址)の晩秋(6)

木瓜の狂い咲き 甲府城址の鍛冶曲輪日本庭園の植え込みに木瓜の花が結構沢山咲いています。 木瓜は春先から長い枝を真っ直ぐに伸ばすのでそのままにして置くと来年、樹形が乱れてしまいます。 庭園なので毎年同じ姿になるように樹形を固定しています。 そこでお盆が過ぎた秋口に伸びた枝を剪定したものと思われます。 そしたら…

  • ■ 更新日:09/12/2
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

舞鶴城公園(甲府城跡)の晩秋(5)

石垣からのお話。流れ流れてどこどこ行くの? 甲府城址は、つい最近まで城に関する建築物(建物)はありませんでした。 明治の初年に全て壊してしまったからです。 城址の範囲も内堀(二の堀、三の堀が別に外側にあった)の内側の1/3しか残っていません。2/3は都市に飲み込まれて県庁になったり百貨店になったり甲府駅、中…

  • ■ 更新日:09/11/25
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

舞鶴城公園(甲府城址)の紅葉(その4)

秋です。 都市とは「第一次産業従事者の住民に占める割合が少なく絶えず人と物そして情報が出入りしている場(機能)」をいうらしい。 人と物が出たり入ったりしていなくて人だけ定着している場所は住宅地であり住宅団地だ。そうした場所はものが流入し消費されるのみの場であり都市の一つの側面ではあるが必ずしも都市全体…

  • ■ 更新日:09/11/24
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

舞鶴城公園(甲府城)の晩秋(3)

甲府城の稲荷曲輪に山梨(ヤマナシ)の原木があります。 いまだ10個以上の果実を枝にしっかり付けています。 果実は茶色で赤梨の典型です。 日本の梨は赤梨と青梨があります。 甲斐の国から朝廷に梨を献上したとの記録が延喜式(西暦927年)延喜5年の平安中期にあります。 青梨五担を貢進したとの事です。青梨である事に注目。…

  • ■ 更新日:09/11/18
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

舞鶴城公園(甲府城跡)の晩秋(2)

私は甲府城御案内仕隊の隊員としてボランテアで甲府城跡を訪れたお客様に山梨県の観光案内をしています。お客様のニーズに合わせて守備範囲は多岐に渡ります。解からない事や知らない事には聞き役になる事もしばしばです。持ち場が甲府城ですので主に甲府城に関することが多いのですが、最小限度ご説明するのは ①甲府城は…

  • ■ 更新日:09/11/17
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

舞鶴城公園(甲府城跡)の晩秋(1)

舞鶴城公園が秋本番となりました。 城郭のない城跡の秋の気配は寂しくてなりません。 「舞鶴城公園」は都市公園法の公園の名前です。 その公園の中に県指定史跡「甲府城跡」があります。 舞鶴城公園の「舞鶴城」とは江戸時代後期から明治時代初期に市民によって名付けられた愛称です。愛宕山から眺めると鶴が舞っている姿に見…

  • ■ 更新日:09/11/17
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootqaminoru

image

明日は何の日??

みなさんこんにちは★ 突然ですが★ 11月7・8日は何の日でしょうか? ・・・正解は★ 山梨県立大学の学園祭です(^▽^)ふふ 山梨県立大学が創立して5年目の学園祭です。 記念すべき5周年ですね! ぜひ大学生に限らず山梨の地域の方が 訪れて下さるとうれしいです★ ぜひ成長した山梨県立大学の姿をみてください!笑 かぶりるも…

  • ■ 更新日:09/11/6
  • ■ ブログタイトル:かぶりる★やまなし記
  • ■ 投稿:かぶりる

no image

甲府城17メートル石垣補修工事

甲府城の稲荷曲西側の石垣を現在補修工事をしています。 工事監修は山梨県埋蔵文化センターです。 8月11日縁あって工事現場を見学させていただく機会に恵まれました。 この石垣は1592年から1600年にかけて築かれたお城です。 従いまして築城以来420年の年月が経過しています。 築城以来殆ど完全な姿で残っている…

  • ■ 更新日:09/8/18
  • ■ ブログタイトル:山と川と土と人と
  • ■ 投稿:ootaminoru

image

観光地から探す

小淵沢・清里
韮崎・明野・須玉
石和・甲府・昇仙峡・湯村
南アルプス・中央市
富士五湖
大月・都留
勝沼・塩山・西沢渓谷
下部温泉・身延

Page Top