TOP > ブログ一覧 > ヤマナシプロデュース > ~緑の町の中の緑~

ヤマナシプロデュース

山梨の地域資源をベースをプロデュースしていきます。l目指すは”地讃地笑”!よろしくお願い致します。

~緑の町の中の緑~

2013.09.14 19:18  投稿者:駒大青木ゼミ にい班

早速ですが、皆さまは早川町という町をご存知ですか?

早川町は、山梨県の西南部にある370キロ平方メートルの町です。
この町は人口1152人と日本で一番少なく、森林率96%ととても緑の多い町です。山ばっかり、w、

この町では、町全体を博物館と見立て、来客者に自然や文化を見てもらう活動をしています。
今回訪れた『ヘルシー美里』という旅館は、旧中学校を改良した温泉宿です。早川町の中心部にあり、専門スタッフさんが『南アルプス邑野鳥公園』のツアーも行ってくれます。

バードウォッチング目当ての人や、自然を勉強したい人がよく訪れるそうです。
他にもここはムササビや蝙蝠、ツキノワグマや鹿、カワセミなど、沢山の動物がいる大自然。
熊といっても、対処を違わなければ襲われることはまずありません。ガイドの方もいるので安心。
ここで見ることのできる野鳥は100種類近くいますが、中でもヤマセミは早川町の町鳥にもなっている鳥で人気です。


動物だけではなく、様々な植物についても学ぶことが出来ます。
例えば、2枚目の写真にあるような植物。
これは洋酒山ごぼうという名前で、ジューシーでおいしそうに見えますが人間にとって毒なので食べることはできません。この実はひよどりのくちのおおきさにあわせた大きさです。赤と黒という色のコントラストは鳥にこのまれるので、種を運んでもらえます。
因みにさくらんぼや桑の実も同じ感じです。
この他にももちろん沢山の植物がいます。
「アブラチャン」という名前の植物があるので、行くチャンスがある人はどのような物なのか見聞きしてみてください!!
面白いお話が聞けることでしょう(笑)。


ルートの途中には川もあります。
ここの公園で見られる川は、『黒桂河内川(つづらごうちがわ)』。
南アルプスから流れています。
黒桂河内川は早川町で二番目に長い川で、砂金も取れるとか(¥ω¥)
西日本と東日本を分断している地(フォッサマグナ)で、西日本の6000万年前の地層が見ることが出来ます。ちなみにこの堆積岩が地殻変動でななめになっているので、地学に興味がある人にとってもお勧めの場所です。
とても冷たくてきれいな水でした。


ここのツアーは、観光客に合わせて川、植物、動物、地学等、学びたい物を中心にルートを変えてくれるそうです。
是非訪れて面白い発見をしてください。


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

I'm so glad I found my soltoiun online.
投稿者:Dsaghg: at 2014/02/02 10:05

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top