TOP > ブログ一覧 > やまなしきっちん

やまなしきっちん

山梨の美味しいお店や、お取り寄せをご紹介します。

激辛チャレンジvol.1

2011.06.30 02:11  投稿者:相方

節電の今夏。蒸し暑さを吹き飛ばすには、やはり激辛でしょう!
ということでこの夏から、山梨県内の激辛料理にトライしてみたいと思います。

 そこでまず伺ったのがその名前からも辛そうな”四川亭”。学生時代、重慶に寄ったとき食べた激辛火鍋を思い出し、唾を飲み込みながらお店へと向かう。甲府市国母駅辺りから南下し、大滝温泉の近所にそれはありました。

 まずは麻婆豆腐かと思いながら、店員さんに「一番辛いものは何ですか?」と訊ねると、「鶏肉の辛子炒めよ。青唐辛子のまま炒めてあるから」とのこと。すかさずそれをオーダー。

 ほかに水餃子、焼餃子も頼む。待つこと7分。

 噂の鶏がやってきた。見ると唐辛子が味付け程度に入っているのではなく、食べる食材として、そのまんまで炒めてありました。「強敵あらわる!?」とややたじろぎ、胃を緊張させながら頂きました。

 たしかに辛い。湯気に辛みが混ざっており鼻から入るとむせてきます。しかし辛いのだが美味い。唾がぴゅるぴゅると舌根の脇から飛び出てきます。これを白米の上に乗せるとこれまた好吃...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

鳥もつ煮+Anything else?

2011.06.23 07:20  投稿者:相方

 鳥もつ煮のブームはまだ続いていますが、鳥もつ煮は本来あくまでもサイドメニューですから、何をメインにしようかと悩むことが多いのではないでしょうか?もちろん本来は蕎麦屋で供されるものですから、”そば”と言いたいところですが、「まあ普通だなぁ」とがっかりすることも少なくありません。

 過日、甲府駅北口の”きり”に行ってきまして、新食感を探してきました。

 ここは昔から夜中の2時までやっているので、飲んだ最後の〆にラーメン!ではなくて、”蕎麦”でいけるという、ちょいとヘルシーな店なのです。数年前にリニューアルしてからは、蕎麦も自家製の手打ちとなり、板前もいるので刺身などのつまみも充実しており、なかなか重宝な店なのです。若者というよりは、チェーン居酒屋に背を向けたおじさん達で混んでいます。

 ただ難はただでさえ混んでいたのに、鳥もつ煮の優勝以来さらに混んでおり、入れないこともしばしば。今回はラッキーなことにスムーズに入ることができまして、いつも通りに飲んだり、食べたり・・・。

 そこで目に入ったのが”か...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

ボブズ珈琲工房

2009.02.19 12:58  投稿者:さえこ

だんだん春が近づいてきている今日この頃、久しぶりに自転車で甲府市内を散策してみました。
そして通りがかった珈琲工房。ケーヨーD2の後ろにあって、車で通るたびに気になっていたお店でした。店内をのぞいてみたくても、ケーヨーD2の駐車場の壁で、ちょうど看板しか見えないのです。

珈琲豆は、直火でじっくり自家焙煎したものだそうです。
お店に入ったとたん、珈琲のいい香り〜。
価格は400円/100g〜ですが、スペシャルメニューでキリマンブレンドが200gで680円でしたので、さっそく購入してみました。飲むのが楽しみです。

宅急便、メール便で送っていただくこともできるそうです。
詳しくは、電話・FAX・Eメールからお問い合わせください。


ボブズ珈琲工房
甲府市朝日3-8-5
tel/fax 055-254-8805


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

デリーベイを救え!!

2008.09.22 06:00  投稿者:相方

 ロードサイドのチェーン・レストランばかりではなく、しっかりとした個人店が成り立っているのは地域の食文化の豊かさが現れるように思う。職人の繊細な技量を理解し、これを支持する住民がいて、経営は成り立つものだ。
しかしその一つの灯が今、消えんとしている・・・。

 その噂を聞いたのは2ヵ月前に山梨市の“まんさい市場”に寄った時だ。GO-Chanより「本当に美味いカレーが駅前にある」と聞いた。それ以来、用事があれば店を寄ってみたが、休業日であったりとなかなかタイミングが合わなかった。

 そしてついにその日は今日やって来た。あらかじめ電話で営業を確認し、初めてこじんまりとした店内に入った。6名ほどのカウンターと長テーブルが2つ、街角の喫茶店といった雰囲気の簡素なお店だった。

 カレーにはインド風、欧風、オリジナルと大きく三つのカテゴリーがあった。子供達には欧風の一種である甘口のシチュードカレー(900円)、私はインド風の極辛カシミールカレー(800円)を頼む。待つこと10分・・・。

 極辛カシミールカレー(...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

ああ、かくも美しき、かくも雄雄しき・・

2008.08.09 06:35  投稿者:相方

 お恥ずかしながら告白しますと、"バレエ"というものは小学生のときにM君がやっていて"タイツを穿いて踊るなんて何が楽しいのだろうか"と思っていた程度のものでした。
 それからはサッカー、空手、マラソンと男性的(ヤロウテキ)スポーツ一直線だった私は、"バレエ"とは全く無縁の世界でした。

 40歳を過ぎても"革命的な発見"ってあるものなんですね。今回、清里フィールドバレエのチョイ役でお手伝いさせて頂いて、私の中にコペルニクス的転回が起きました。

 時には蜻蛉のように柔らかく舞い、時には津波のような激しさを天空にぶつけ、時には悲哀に泣き崩れ、時には喜びを全身で放ち・・・。人間の情感を体一つでなぜあそこまで美しく表現できるのでしょうか。
"ああ、かくも美しき、かくも雄雄しき・・"

 感動の波が、私の心の襞(ヒダ)の奥底の触れたことのないところにまで響きます。客席の前方では、涙を流すご婦人までもいらっしゃいました。

 舞台の上では涼しい顔で舞いながらも、舞台裏には息を切らせ、...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

清里の象徴?~ヴィラ・アフガン

2008.07.30 15:29  投稿者:相方

 ご当地に行って必ず食したいものがある。
名古屋ならあつた蓬莱軒のひつまぶしや山本屋の味噌煮込みうどん、札幌なら松尾か札幌ビール園のジンキスカンetc. 名古屋の手羽先の世界の山ちゃんも、福岡のとんこつラーメン一蘭も東京進出してきて、身近になったのは嬉しいことだが、淋しくもある・・・。

 清里に来たらなんとなく寄らないと落ち着かないのがヴィラ・アフガンのペーコンエッグカレーだ(1600円)。あまりに有名すぎて今さらかもしれないが、1978年からの老舗であり、18種類のスパイスをブレンドした英国風カレーだ。

 カレーの辛さとライスの量(茶碗1杯から3杯)は自分で選べる。メタボを気にしながら真ん中の2杯分を選択。「アレは私のか・・」とウェイターの動きを横目で見ながら、待つことしばし。

 来た!相変わらずのベーコンのデカさにやや怖気づきながら、ナイフで切り刻む。カレーの上にベーコンと卵を乗せ、一口でほおばる。スパイスの風味が鼻を通り抜け、厚いベーコンからは旨味が口内にこぼれ、卵が辛さを包み込...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

タチヤーナ

2008.07.27 13:13  投稿者:相方

 昨日は清里フィールドバレエのリハーサルでした。
 が、17時頃から雲行きが怪しくなり、雷と豪雨。稲光が山々に降り注いでいました。やがて一時間ほどでやみ、その後には積乱雲、その上に巻雲が空に筋を引っ張っていました。

 舞台を裏方のスタッフ大勢でセットしなおし、客席や舞台の水気を払い、リハーサルが始まりました。舞台監督の厳しい指導のもとに現場での調整が行われました。

 残念ながら途中でまた雷雨のため、リハは中止。我々オヤジダンサーズは舩木洋子スタジオでのリハとなりました。バレエは個人競技がベースになりながらも、舞台は皆で創っていくものだという空気がだんだんわかってきました。

 今日から清里フィールドバレエが始まります(8月1日を除く8月9日まで)。我々は明日からの「タチヤーナ」の第3幕に登場します。


 萌木の村のウェブサイトより「タチヤーナ」の解説を以下、引用
 http://www.moeginomura.co.jp/FB/2008/index.html
 
 19世紀のロシア。内気で繊細な少女タチヤーナ...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

これが”なると?”

2008.07.27 11:47  投稿者:相方

ウウッ・・熱すぎる。
こんな暑い日は、さすがの麺党の私でもラーメンというわけにはいかない。

“そうだ、つけ麺にしよう!”(あまり変わり映えないか)
つけ麺といえば、東池袋“大勝軒”流のボリューム、酸味&辛味が一般的だが、ちょっと上品な店を紹介しよう。

甲斐市敷島のNARU-TO(なると)だ。
FMがうっすらと流れ、こざっぱりとして洒落た店内には女性客も多い。

特製なるとつけ麺990円と頼む。
回りの人は、黒豚餃子や焼き豚チャーシュー丼を追加しているようだが、ここはつけ麺に集中すべきとこれを控え、「すいません、大盛りで」を100円玉を取り出してしまった(><)。

しばし待つと、水菜に、ロースとバラ肉のチャーシューが3枚、しなちく・・・。なるほど上品な盛り付けだ。
「あれっ、店名でもある肝心の”なると◎”は?」と慌てることなかれ。真ん中にピンクの鰹節のようなちり緬のようなモノがゆらゆらと・・。

麺のノド越しをじゃましない“なると”をと、なるとを削って干したモノをいれているそうです。

鳥ガラと豚ガラと魚類ベースが混...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

おやじダンサーズ(?)in Field Ballet

2008.07.25 05:42  投稿者:相方

 21日の月曜日(祝日)に清里フィールドバレエの練習に参加しに、八王子のシャンブルウエストのスタジオまで行ってきました。
http://www.chambreouest.com/

 紫綬褒章も受賞されている川口ゆりこ先生と今村博明先生は、今回の演目の一つである「タチヤーナ」で平成14年度文化庁芸術祭大賞受賞を受賞されているそうです。

 そもそもなぜ素人の私が出演するかが疑問ですよね。舞台を盛り上げるために、第三幕にチョイ役(貴族)で、某国営放送のK支局長さんや某金融サービスO社の甲府支店長、ワインツーリズムのSさんらと10分少々出演することとなりました。

 「端っこで立ってればいいから」と舩木さんに口説かれ、軽い気持ちで返事したものの、いざスタジオに行くと、(当たり前ですが)皆さんの真剣な眼差しと緊張感ある雰囲気に、浮き足立った気持ちはすっかり冷め・・・。

 さらには立っているだけどころか、多少ですがバレリーナをエスコートして歩くシーンもあったりして(--;。
 おやじダンサーズ(?)は暗...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

世界最強の麺!!

2008.07.24 08:00  投稿者:相方

その名も”強麺(ごうめん)”!
研究熱心な甲府中央店のガキ大将のマスターが手掛ける麺だ。

ある晩、ほろ酔いで暖簾を潜ると「これ食べてみませんか?」と、いたずらっぽい笑顔で麺を出してきた(なぜか、いつも毒味役を頼まれる)。

かつお出汁たっぷりにとんこつスープのクリーミーさが混じるという、釧路と久留米が甲府でマリアージュしたようなスープ。これに暴力的とも言える太・硬の麺を絡めて、アゴで味わう。

「これはイケる!」とマスターの努力を称えたら、次に伺ったときに「こんなんつくっちゃいました(@^^@)」と持ってきたのが写真の垂れ幕看板。

【やまなしB級グルメ認定!】

 ガキ大将 甲府中央店 甲府市中央1-5-6 055-235-8636 
 PM7(?)~AM2 日曜定休(たぶん)

※ガキ大将は全国チェーンですが、各店舗の裁量がある程度許されており、メニューも違います。”強麺”は甲府中央店しかやっていません。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

▲Page Top