TOP > ブログ一覧 > まほろばお散歩日記 > 桃のビン詰め作り

まほろばお散歩日記

自然豊かな山梨で楽しいこと、美味しい物を探して、各地の山や森、家の畑や庭を走り回っています。

桃のビン詰め作り

2009.08.22 13:47  投稿者:mahoroba

山梨は今の時期、桃がおいしいシーズンである。
親戚や知り合いにも桃農家がいるので美味しい桃を頂くこともあるが、買うとなると意外に高価な果物だ。
美味しい桃を安く手に入れる方法は、農家の直売所などで「はねだし」と言われる規格外のものがある。味に違いはないので最近は「はねだし」を買いに行列が出来る直売所もあるくらいの人気だ。

桃は美味しいがシーズンが短く、そのうえ日持ちがしない。すぐに傷んでんでしまう。
何とか好い保存方法はないかと農家に尋ねたら、ビン詰めが手軽に出来ると教えてもらい昨年から作り始めた。
今年もはねだしの桃を数箱買い、子どもと一緒に桃の皮をむき、ビンを煮沸して桃を詰めた。ビンが足りなかったので残りはジャムにした。桃ジャムは初めて作ったが、こちらも意外と美味しかった。

桃の缶詰とビン詰めは似ているけど、果肉も汁もひと味違う。
缶詰は長期保存用なので、汁が甘ったるくて桃が柔らかい。ビン詰めは汁はさっぱりした桃の甘さが出ていて果肉も適度に堅い。
ビン詰めの味を知ってから、子ども達を始め我が家の人気保存食の上位にランクされている。
ビン詰めは蓋を開けてそのままでも食べられるが、ケーキに入れたり、ゼリーに入れたり、ヨーグルトに入れたり、汁も美味しく焼酎で割ればカクテルになる。美味しくてすぐに食べてしまうので、クリスマスや誕生日などの特別な日にビン詰めを開けるようにしようと思っているのだが・・・。


年々、ビン詰めの数が増えていく予感がしている・・・。


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top