TOP > ブログ一覧 > まほろばお散歩日記 > 歴史文化産業

まほろばお散歩日記

自然豊かな山梨で楽しいこと、美味しい物を探して、各地の山や森、家の畑や庭を走り回っています。

もじり漁体験 その2

2009.10.19 10:22  投稿者:mahoroba

雨が降り
富士川が増水した
翌日の早朝
午前三時に起きて
大もじりの引き上げ体験に参加した。

参加者全員で
大もじりを引き上げると
もじり最後尾の受けカゴには
大うなぎ、なまず、あゆ、ニゴイ、モクズガニ
などなどが入っていた。

今回は
魚の量が少なかったが
これから水温が下がって
もっと水が濁ったときには
沢山の魚が入るそうだ。

それにしても
大もじり漁は、ダイナミックであり
胸ときめく漁法だと感じた。

貴重な体験をすることができた。

きっと
私の祖先は
狩猟採集民族だったに違いない


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

もじり漁体験 その1

2009.10.03 14:45  投稿者:mahoroba

先日、富士川で
もじり漁体験をした。

もじり漁とは
日本の伝統的な漁法で
富士川では
特に大きなもじりを使った漁が
今も行われている。

富士川の大もじりは
全長が何と7メートルもある。

今回は
準備とセッティングをした。
もじりが大きいので
準備もセッティングも大変だ。

もじり漁は
雨の日が続いて
川が増水してから行う漁法である。

後は天気次第
雨の降るのを待つのみ・・・。


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

伝統漁法 もじり漁はすごい

2009.09.18 22:14  投稿者:mahoroba

帝京短期大学で講義を受けました。

講義の内容は
日本の伝統文化に触れながら豊かな自然を楽しむ。
・伝統的な漁法のもじり漁の話
・猟師さんによる狩猟の話
・水にまつわる文化に関する話
・現地実習として、温泉施設などの見学
・鹿、イノシシ肉の試食

中でも、ダイナミックなもじり漁が富士川で行われていたと知り
とても興味深い話でした。
1メートルのウナギが捕れることもある。
と言うからすごい話だ。
後日、現場実習も予定しているので
参加してみようと思う。

それから
ジビエ料理は、おいしかった。

今回の肉は、有害鳥獣駆除で捕らえた物と言っていた。
鹿もイノシシも増えすぎて、かなりの被害が出てしまい
農家や林業関係者は相当困っているらしい。
しかし、
「鹿もイノシシも簡単には捕れなくなった」と
講師の猟師さんは、話してくれた。


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top