TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > 廻る季節

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201809  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

廻る季節

2011.03.31 19:57  投稿者:ootaminoru

東北関東大震災後の経過を固唾を呑んで国民が成り行きを見守り、何かお手伝いが出来る此処がないかと気をもむが、個人としては義援金を供出する位しか当面お手伝いが出来ていません。
山梨県としての地方自治体としては被災者の緊急避難所を開設して受け入れ体制を整えていますが、民事として信玄公祭、石和の川中島祭が中止としました。叉市町村レベルの花祭りも中止するところが多いだろう。


一方で、福島原子力発電所の放射能漏洩問題は人間が始めて体験する深刻な事態が続いています。安全安心への道程は遠いようだ。

こうした人間社会の憂いとは別に季節は何事もなかったように進行しています。
野にはホトケノザ、オオイヌノフグリ、ハコベ、ナズナが咲き、休耕地には菜の花が咲いています。
白木蓮の花は峠を過ぎ、サクラはエドヒガンザクラ、コヒガンザクラが満開ですし、いよいよソメイヨシノが開花しました。
甲府城の巽曲輪のサクラは3月29日現在二分咲き位の開花になった木がありました。此処は陽だまりで塀で囲まれているので場内で一番早く開花します。
浮かれる事はないが、そっと花を見に行きました。

青森県の弘前桜祭は行なうそうだ。今年は4月23日から5月5日までです。
それは、桜祭の期間中、弘前城を訪れる人は毎年250万人に達し、日本一の規模を誇る桜祭であり、東北地方の人の殆どは一度は弘前桜祭を観に来ているだろう。
震災以前の桜祭に来た家族での記憶を新たに、再生の道へ元気を取り戻して欲しいとするのです。
どのように感ずるかは人間次第ですが、地震や津波、原子力発電所爆発の驚異とは別に、巡る自然のダイナミズムを感ずる次第です。

がんばろう。

全てが同時進行で廻っています。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top