TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > 狛犬さん ワン

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201911  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

狛犬さん ワン

2009.05.21 17:19  投稿者:ootaminoru

狛犬さんの起源は中国で皇帝が就務する部屋の四隅に皇帝を守護する為に持ち込まれて魔除けとして置かれていたものらしい。
日本には奈良時代に既に持ち込まれていて正倉院の裏の000堂には木製の小さな置物用のものが現存するらしい。
それ以来、神社には狛犬さんとして神社の本殿を守護するために参道に石造で置かれ、一方寺院仏閣では仁王さんや寺の桁の守り神として広く使われようになった。
鬼面瓦なども転じたものかもしれませんね。
沖縄ではシーサーとか言ったかな。屋根や門柱に乗っかっているようです。

狛犬さんのモデルは架空の動物であったり、犬のチンがモデルであるとかその道のマニアは研究熱心です。更にどちらかには頭の上に角があるそうですね。

写真1と2は裏の五十嵐さんちのポチです。
既に二度三度と私のブログに登場しています。
この犬も番犬です。五十嵐さんちを守護しているのです。
邪悪なものを寄せ付けません。狛犬さんと同じなのです。
しかし善良な市民には実に優しい目をしています。
恐い顔をしていれば良い訳ではありません。
ましてや人を見下し威圧するのが本来の役目でもありません。

偶像崇拝と申します。作者の邪悪な考えや依頼したスポンサーの邪な考えで像が勝手に一人歩きをします。
そうした像は普遍性がありません。

本来の役目をキチンとわきまえて像に刻まれてこそ名作といえます。
ポチが狛犬さんの原型です。ポチの善悪を見抜く頭脳が大切なのです。
そうした奥深い慈悲に満ちた頭脳と心眼を表現しているのが国宝クラスの仏像です。古いからでは、由緒が正しいからではあってはいけません。
狛犬さんもピンからキリまであります。
ヤヤ定型化、類型化、抽象化していますが。

野仏の素朴さと美しさに共通するものです。

ポチの顔をとくとご覧あれ。
私はそのように考えます。

写真3は美和神社の狛犬さんです。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top