TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > 明治の養蚕を支えた一瀬桑

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201911  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

明治の養蚕を支えた一瀬桑

2009.05.07 12:42  投稿者:ootaminoru

自慢話は客観的に地域社会に共有するものは臭くない。
おさらいの意味でもう少し旧三珠町の自慢話にお付き合い下さい。

1 養蚕産業を支えた桑

明治34年上野村(旧三珠町=現市川三郷町上野)の一瀬益吉氏は明治時代に桑の代表品種を選出育成した。
明治31年一瀬氏は忍村(旧豊富村=現中央市)から桑の苗を仕入れて自家養蚕用に育てた。その中に生育旺盛で大きな葉の良質な桑の一本を見つけた。
それが評判で次第に周辺の地域へ広がっていった。そして大日本蚕会の認めるところとなり栽培配布が行なわれて明治時代以降の桑の代表品種となった。
後年、一瀬桑の母樹が市川三郷歌舞伎公園に記念樹として植えられています。写真1
既に100歳を越しています。

2 芦川第一発電所

我が国の電気事業は明治20年に移動式発電機によって東京の鹿鳴館に白熱電球が点灯されるのに始まりました。
移動式の意味は小型であった意味から実験機であり火力発電(石炭)であったことを意味しています。
我が国の発電の歴史は火力発電から開始されているそうです。

明治33年5月に当時の上野村(旧三珠町)に芦川第一発電所が発電を開始します。
近隣の地域と甲府市と市川大門に最初の電灯が点されました。
この事は明治25年精進湖へ遊びに来たイギリス人宣教師が芦川は発電に最適だと地元の有力者に奨めた事からで出来上がったと言われています。今もその発電所はあり発電を続けています。

3 上野城の事。そして市川団十郎のふるさと

武田信玄の家臣であり腹違いの兄弟の一条右エ門信龍のお城が上野にあった。そのことにちなんで市川三郷歌舞伎文化公園としてお城の形態をとっています。
武田勝頼の織田信長、徳川家康との連合軍に敗れて甲州から一条家臣団も敗走し初代市川団十郎の曾祖父堀越十郎家宣が関東(千葉)に身を置いた。その孫の堀越重蔵が江戸へ出て和泉町に住みその子供が初代市川団十郎で歌舞伎を拓く市川家が成立したといわれているそうです。
歌舞伎と牡丹は良く似合う。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top