TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > 信玄堤

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201907  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

信玄堤

2009.03.31 06:05  投稿者:ootaminoru

武田信玄を語るとき、その国内の経営で話題になるのが治水工事です。
竜王の釜無川の氾濫原に川除け村落を作り川普請に当らせた。
現在の甲府市内への幾筋にも分流する暴れ川を鎮めて川筋を上流側から順に変えて南進させて現在の川筋に近づける基礎を作ったと言われています。

しかし具体的に川除けとは如何なるものであったのか、その工事の内容を記した記録は何も残っていません。
川除けの村落を作った事は永禄3年(1560年)に竜王河原宿として棟別役免許を条件に集住者を募集、永禄8年に近郊から50軒が移住して村落を形成した記録が残っています。
叉三社神社のおみゆきさんを復活させています。中世の早い時期から既に三社神社のおみゆきさんは行なわれていましたが中断していたか、若しくは荒川流域を守る為のもので上石田付近で行なわれていたと推定されています。
武田信玄は改めて盆地内の古い勢力をこの治水工事に関係付けて多くの人材を集約し提供する仕組みを作ったと思われます。

記録の多くは江戸時代以降のものです。
信玄が死亡したのは1573年で勝頼が滅んだのは1582年です。
ですから、信玄堤の殆どは江戸時代になって構築されたものと思っています。
流路の変更や霞堤の建設などの記録及び南進した流域(中央市)の度重なる水害の記録が残っています。


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

私もキチンと信玄公祭りを見たことがありません。今年は騎馬軍団の出陣式を撮影しょうと思っています。
舞鶴公園でのアトラクションや騎馬軍団が休憩しているシーンばかりです。
投稿者:ootaminoru: at 2009/04/02 03:01
山梨の山さん
信玄堤の様子、今回初めてきちんと見せて頂きました。今では小川のような流れが残っているのですね。信玄公の偉業を思いながらいつかここを歩いてみたいと思います。
もうすぐ信玄公祭りですね。恥ずかしながらこのお祭りもまだ見たことがありませんので、チャンスがあれば今年見に行きたいと思います。
投稿者:Anちゃん: at 2009/03/31 23:42

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top