TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > 3月28日甲府城(2)

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201907  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

3月28日甲府城(2)

2009.03.29 18:50  投稿者:ootaminoru

稲荷櫓の見える風景


二層の櫓が城内の角々にありました。
その一つを三年前に復元したのがこの稲荷櫓です。
そもそも稲荷櫓は明治時代初期までありました。写真が残っています。

稲荷の名前はこの山へお城を造る以前の一条小山に、ここに稲荷社があったことから土地の神さんを大切にする意味から城内の広場を稲荷曲輪と言い、そこに築く建物を稲荷櫓と築城当時に命名したものです。
誰が築城したか?何時? 
豊臣秀吉が天下の時代に家臣であった浅野長政が1590年頃から約10年掛けて築城しました。築城し完成したら1600年の関が原の戦いで秀吉軍(実際は2年前に秀吉は死去。西軍の大将は石田光成)が徳川家康軍に負けます。そしたらこの甲府城は無血で開城し家康軍のものになりました。

櫓の機能は有事に対して、二階から城下町を監視する目的であり、1階部分は倉庫で武器などを保存する場所でした。

現在この桜の植えられている公園の地は江戸時代域は城内であり薬草園でした。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top