TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > 武田神社の三葉松(その1)

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201811  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

武田神社の三葉松(その1)

2009.02.08 06:02  投稿者:ootaminoru

武田神社の三葉の松

武田神社の境内に葉(針)が三本の松が沢山あります。
普通の赤松や黒松の葉は二本ですし、五葉松の葉は五本です。
立て札には奇木「三葉の松」とあり次のような略歴が武田神社社務所名で書かれています。
「武田信玄公は信仰が厚かったので奈良県の高野山(真言宗)から種が飛来してこの地で実生から生えた」と書かれています。
更に、「大変、縁起の良い木で葉を身に付けているとご利益があり招福必来と言われています。」

この同じ松が舞鶴城公園の稲荷曲輪にもあります。
ご案内するお客さんに財布に入れているとお金が減らないと言って、松葉を拾ってお渡ししています。

これを読まれて武田神社にお参りの方は是非財布にいてれお持ち帰り下さい。

信仰と科学的な事実とは異なります。
次回掲載の武田神社の三葉松(その2)をお読み下さい。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top