TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > 信玄堤

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201911  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

信玄堤

2009.01.08 08:49  投稿者:ootaminoru

釜無川が御勅使川と合流する竜王の高岩付近以下の下流域の護岸を信玄堤と言います。
御勅川には石積み出し、将棋頭、十六石大岩などの石積遺蹟があり、信玄堤には霞提や聖牛や蛇籠などなどの土木工事の遺蹟や資料が残っています。


昨年12月17日から1月19日まで御坂町の県立博物館でシンボル展「信玄堤」をしています。
私は隣の市ですし釜無川下流域の住人なのでかなり知っているつもりでしたが、改めて展示物の科学的発掘の成果及び文献を網羅した総合的且つ微細な展示や解説には目から鱗の部分が多い。


今日1月8日博物館に行って来ました。
3時間ゆっくりとみて来ました。
まだ見ていない方は是非ご覧になって下さい。
叉信玄堤は山梨の歴史拠点の一つです。現地も機会がありましたら是非、、、と思います。


写真は信玄堤です。
①は釜無川本流の聖牛(ひじりうし叉はせいぎゅう)です。流速を減じて砂礫を沈降させて護岸を守ります。
②は堰から取り出した分流です。
③は明治以降の洋式堤防です。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top