TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > 大日陰トンネル(明治35年2月5日)

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201905  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

大日陰トンネル(明治35年2月5日)

2008.10.23 14:50  投稿者:ootaminoru

明治35年2月5日、中央線勝沼大日陰トンネル貫通式

明治36年から中央線は営業を開始します。
勝沼から東京へ汽車に積み込んでブドウが出荷された。
近代化に貢献した大日陰トンネルは94年間働いて新トンネルにバトンを渡しました。
現在は静かに近代化遺産として遊歩道で公開されています。
当時のレンガ積みのままの姿で残されています。

このトンネル見学はブドウの丘のワイン等の催し物とセットでインバウンド観光の商品として売り出す事が出来るだろう。
私は家内と桜の花とセットで今年の4月9日に訪れました。
トンネルの出口は満開でした。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top