TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > 甲州種ワインの変遷と展望

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201810  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甲州種ワインの変遷と展望

2008.10.11 12:35  投稿者:ootaminoru

甲州種ワインのバラエテーのある商品群と将来

過日、山梨学院大学生涯学習センターにてワイン講座を受講させて頂きました。本来ならば試飲付きで1万円のコースですが試飲なしの座学だけのコース10人を無料で再募集されたので応募したものです。

第2回10月3日山梨ワインの魅力

山梨の観光に興味を持つ者にとって、その観光商品の目玉となっている叉は、なりそうな甲州種ワインの現状と将来の展望について一応の知識を持っておきたいと思ったからです。

講師の先生は私に貴方は年間何本ワインを飲みますか?との質問を受けました。小さな声で1本以下です。と答えました。
会場の中で最も多く飲む人は1升瓶で100本と答えた人もいらっしゃいました。私以外はワインを生活の楽しみにして座右においておられる方ばかりでした。

実は私は全くアルコール類を嗜みません。
ビールも清酒もワインも美味しいと感じた事がありませんし、少し飲むと熱くなって眩暈がして吐き気を催します。熱燗の清酒はチョコを口元に持って行きますとアルコールの蒸気を吸い込んで飲む前にむせてしまいます。
酔いの引け際には血圧が下がり目の前が真っ暗になり貧血を起こすこともあります。
そんな訳で恐る恐るしか飲めないのです。
ですが、この際山梨の地場産業であり、山梨を代表するトップセールス食材の甲州種ワインをどうしても知識だけでも、、、、、と思ったからです。

甲州種葡萄は長く日本に定着して来た山梨の独自の葡萄です。
ワインの良し悪し叉はその特徴は原料の葡萄に負う部分が多く甲州種葡萄は山梨の気候や風土に溶け込んだ山梨を代表する個性的な葡萄だそうです。
ワインはそもそもヨーロッパで西洋種葡萄酒専用品種で醸造したワインと西洋料理と合わせて飲む文化であり、ワイン新興国チリーやオーストラリア、アメリカのワイナリーはこれ等定番の西洋ワイン専用種の葡萄で醸造している。
これからの山梨のワインはヨーロッパスタイルのワイン専用種葡萄で醸造を極める一方で、日本人に合った日本食と合うワインをコンセプトとして近年本格的に甲州種葡萄で新開発を展開している。

日本食に合ったワインをいろんな製造方法で多種の甲州種ワインが既にワインメーカーで製造されています。
内外のワイン愛好家に広く試飲していただいて、日本食とセットでその嗜好の評価を現在受け始めている段階だと聞きました。
更なる発展を期待してやみません。

次回は
第3回10月17日 甲州種ワインの変遷と展望  です。

甲州ミユージアムのHPには具体的な甲州種ワインの銘柄と日本料理のレシビが記載されています。
大変分りやすくなっています。


写真1は山梨学院生涯学習センターのHPからお借りしました。
写真2は甲州ミユージアムのHPからお借りしました。甲州種葡萄の撮影は逆光で透けて見えるのが一番です。


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:食事ショッピング

コメント

<a href=http://buyprovera.us.com/>provera online</a> <a href=http://buyacyclovir.us.com/>buy acyclovir</a> <a href=http://buylasix.us.com/>buy lasix</a>
投稿者:FloydTew: at 2016/12/31 11:58
<a href=http://buyrobaxin.us.com/>generic for robaxin</a> <a href=http://buyacyclovir.us.com/>Acyclovir</a> <a href=http://buyelimite.us.com/>buy elimite</a> <a href=http://buyazithromycin.us.com/>buy azithromycin</a> <a href=http://buyfurosemide.us.com/>Lasix</a>
投稿者:asbemd7dxfq: at 2016/12/18 06:35

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top