TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > ウスバシロチョウ

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201911  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

ウスバシロチョウ

2008.10.06 12:15  投稿者:ootaminoru

高山植物コマクサに関連してウスバシロチョウとその食草ムラサキケマン

北海道の大雪山系のウスバキチョウを別項で紹介しました。
食草はコマクサでした。

本州の各地、そして山梨県の山地や山間部の果樹園などにもいるウスバシロチョウを紹介します。
ウスバシロチョウはウスバキチョウと同様、羽に鱗粉が少なく透けて見えます。
その食草はムラサキケマン(ケシ科)です。

このチョウは食草が畑や果樹園などの低山帯、高原等にムラサキケマンが雑草として生えていますので、人里に近い農地と山林の境目などで見られます。私は明野のフラワーセンター裏の果樹園で5月の連休頃に見ています。
シロチョウ科の代表、モンシロチョウと大きさが同じなので混同して認識していらっしゃらない方が殆どだろうと思います。
モンシロチョウに比べて飛び方が弱弱しくフワフワとした飛び方です。
このチョウも氷河期を乗り切って来て間氷河期の今、繁栄しているチョウです。幼虫の餌となるムラサキケマンが低山や農地に生えるので涼しい甲府盆地の周辺でも見ることが出来る蝶です。

写真1,2はウスバシロチョウ(アゲハ蝶科)
写真3  は食草、ムラサキケマン(ケシ科)  です。

画像はいずれもHPからお借りしました。


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top