TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > february 23 2009

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 20092 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甲府城の柳門

2009.02.23 18:39  投稿者:ootaminoru

廃藩置県後の甲府城と柳門
甲府城は明治維新後は廃藩置県で無用の長物となりました。三つの代官所が管轄地を治めたりしましたが明治4年に山梨県が誕生しその初代県知事は藤村紫朗であり当時は県知事のことを県令と称しました。その時、藤村紫朗は28歳だったそうです。熊本出身で明治維新の立役者(官軍)の一人でした。明治維新の立役者はみんな若かったんですね。

甲府城は中央政府の陸軍が接収しまたが聯兵場には不向きであり、その後陸軍から県が借り受けて実質的には県が使っていたようです。鍛冶曲輪には各種の勧業試験所が建設された。明治9年には県立の葡萄酒醸造試験所が建設されてワインの製造が行なわれた。城内の曲輪は葡萄栽培農園となった。
話は逸れますが、ワインの発祥の地は山梨県でこの県立葡萄酒醸造所から技術者が育ちました。

ほぼ明治10年頃までに城郭内の建物や門、塀は壊されてしまいました。
時代は下がりますが明治36年に中央線が東京から開通します。
城内の北半分は中央線の甲府駅舎やホーム、線路になり東側は明治33年に甲府中学校に...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

▲Page Top