TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > february 06 2009

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 20092 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

タイルの絵

2009.02.06 20:36  投稿者:ootaminoru

このタイルの絵は何処にあるかご存知ですか?

私はこのタイル絵が気に入っています。山梨県を象徴する絵であって欲しいと思っています。
この絵は武田の館で西曲輪内にあるトイレの壁のタイルです。

武田の館(躑躅ガ崎の館)は1519年に石和から武田信虎が現在の武田神社の地、即ち相川扇状地に引越して来ました。
築城時は突貫工事で短期間でした。
当時信虎が造った館は東の曲輪と中の曲輪だけでした。

この館(お城)は石垣のお城ではなく平安、鎌倉、室町時代からの中世の館(お城)で土塁に平屋の神殿造りの桧皮葺の建物でした。
1582年の前年の12月頃まで武田勝頼はここ武田の館に居住しました。新府城に引越すまでは信虎、晴信、勝頼の三代が約63年間居住した館です。

トイレや藤村式記念館(学校)のある西の曲輪は晴信が増築して長男の義信の住居とした場所です。
尚、藤村記念館は現在甲府駅北口に移築中です。

タイル絵は動物が描かれています。
単に動物の絵を描いただけではなく、本当に甲府盆地の裏山に居て欲しい動物達です。
左上がカワセミです。
右上...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:観光施設アミューズメント

▲Page Top