TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > december 21 2008

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 200812 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

金峰山への道

2008.12.21 14:39  投稿者:ootaminoru

牧丘で花豆を見て北海道開拓移民の苦労を思い出し、大弛峠から樹林帯を歩きます。
樹木の壁で隔てられて先がまるで見えません。黙々と辛抱強く先を信じて歩きます。
樹林帯が切れて明るい世界に飛び出しました。
這い松の緩やかな起伏の丘に至り金峰山の頂上へ。
金峰山を極楽浄土の世界と見立ててしばし下界を見渡します。
持参した御握りと水を出して一休みしました。
近代化以前の人の心と人が集まる集団社会の変遷の歴史を透視し垣間見ます。

山梨新報(平成20年12月19日)
当世の山梨県下の状況を見出しから探ってみます。

①特集「甲府中心街」オギノ撤退。再生に赤信号。行政支援に限界も

②県林業公社「どうする負債265億円」採算の見通しが立ちません。
 
③倒産予備軍が増加。全国最低レベルへ。背景に構造的(人口減少や人材が集まらない)問題が。
帝国データーバンク甲府支店長談。

④地方復活。間伐材プロジェクトの始動を

⑤暴力団移転で反対集会「指定暴力団稲川会系山梨一家」の移転問題で増坪地区協議会は総決起集会を開いた。

⑥防衛省職員(自衛隊北富士...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

八ヶ岳天狗岳(その1  雪を歩く)

2008.12.21 08:24  投稿者:ootaminoru

雪の季節がやって来ました。
雪の中を徘徊したり登山をするのはとても楽しい事なのです。
北八ヶ岳の天狗岳に積雪期に毎年のように登っていますが、その中から雪景色を御贈りします。
ですが、この山は長野県に地籍がぞくしていますし、登り口も長野県の茅野側の渋辰温泉からの入山が便利です。

居直る訳ではありませんが、長野県の八ヶ岳に関する登山口の施設やアクセス、冬季の山小屋は整備されています。しかも沢山の登山ルートがあります。沢山の中から好みのものを選択して登ります。
積雪期の八ヶ岳登山の殆どは長野県側からの入山が山屋(登山愛好者)としては常識になっています。
それだけ山梨県側の地域社会は八ヶ岳から気持ちも目も離れている事を意味します。

山に対する郷土愛やコダワリは長野県側に比較して山梨県側は希薄といえます。ですから夏山を含めて、八ヶ岳文化は長野県に全てが属していて、地籍としても八ヶ岳及びその火山泥流で出来上がった周囲の八ヶ岳高原は長野県のものとして認知されています。
清里も多くの登山愛好者の仲間には長野県としてイン...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:オリジナル観光ルート

▲Page Top