TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > january 2011

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 20111 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

クニマスその後

2011.01.30 21:02  投稿者:ootaminoru

クニマスについての地方新聞山梨日日新聞に、ここ3日間毎日掲載されています。
1月28日、29日そして30日です。
30日の記事は1月29日から2月6日まで西湖樹氷祭としてその会場である西湖野鳥の森公園で70年ぶりにクニマスの発見となった西湖産のもので京都大学で鑑定されたクニマスがガラス瓶入りのホルマリン浸けの標本になって西湖畔に里帰りして展示されているのだそうだ。
この見本を見学する一般公開が行なわれている。

しかし、ホルマリン浸けは生きた姿や形を想像するには私を含めて素人目には難しい。
近い将来、生きた魚を水族館みたいな場所でとくと見せていただきたいと思う。
その場合、比較としてヒメマスも展示していただきたいと思う。

鮭科の魚をもう一度考察してみよう。
河川に回帰性のある魚は漁業資源として物凄く人間にとって都合が良くて効率が良い。
稚魚を河川に放流すると早い魚種では翌年、遅い魚種でも3年とか4年後には成熟して大きくなって生まれた河川に接近した河口部分に帰って来る。
その河口付近の海域で定置網などに誘導して...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

富士山入山料に賛成反対?

2011.01.30 18:28  投稿者:ootaminoru

富士山に入山料を徴収したいとする山梨県内の富士山近隣の6市町村、観光関係団体等が平成22年4月末に協議会を作り富士山の環境保全協力金の徴収方法や額の検討を始めた。
平成22年11月25日に開かれた会合では徴収方法や金額について草案を提出するまでには至らず早期実施には慎重論が出されたようである。
叉、富士吉田市長堀内茂氏は今年(平成23年)4月の市長選で平成23年7月から法定外用途特定徴収するというマニフェストを掲げて選挙に臨むと言明しているようだ。

この入山料(環境保全協力金)の問題は数年前から断続的に近隣市町村を中心に提議されて来ているが、なかなか審議が深まっていないようだ。
静岡県でも10年前に入山料や法定目的税を検討したが審議未了となって見送ったそうです。

その論点は協力金として任意の徴収にするのか?法定外の用途特定徴収として強制力を伴うのか?協議会では後者を考えているようだ。

その後、毎日新聞平成23年1月21日付け地方版によると協力金協議会は第4回の作業部会を1月20日に開いたが今年の山開...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(40) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

若彦路(鳥坂峠)2

2011.01.10 16:08  投稿者:ootaminoru

若彦路の国中側即ち八代側の鳥坂峠に向う最終村落である奈良原の高台には広済寺があります。この寺の伝える処によれば1400年初頭の頃に武田信春がこの寺の中祖であるそうな。それ以来武田信虎、信玄、勝頼、織田信長、家康などなどにも厚い寄進を受けてきた寺だそうです。臨済宗妙心寺派に属する寺だそうだ。

それ以前は密教系の寺であったが鎌倉仏教の臨済宗妙心寺派に熱い武田家の菩提寺に武田信春が改宗したのだそうです。
しかし此処で気になるのは本堂に華厳衆と書かれていることです。
叉境内には観音菩薩と地蔵菩薩の石造があります。
臨済宗妙心寺派であれば釈迦如来を本尊とするはずだ。

密教系の寺だったと案内板に書かれていますが、高野山真言密教系でも比叡山の真言宗でもなさそうだ。

本堂には華厳衆と大きな字で書かれています。
華厳宗は奈良の大仏建設当時になって初めて華厳宗、法相宗などと呼ばれるようになったのだそうです。
後世、平安時代には南都六仏教と呼ばれた宗派の一つが華厳宗でありその他に法相宗、倶舎宗、三輪宗、誠実宗、律宗(四分律)...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

若彦路(鳥坂峠)1

2011.01.10 13:10  投稿者:ootaminoru

甲府盆地から他の国に出入りする道は古来、9筋あったと云います。
その幾つかは山地を登り峠を越えて他国にいずる道です。
私は登山を趣味として来ましたので登山の対象として古道に係わる峠及び峠道を利用してきたことはありますが、歴史の道を主眼にして歩いたとこが
ありませんでした。

昨年は不摂生がたたって膝関節を痛めてほぼ1年、登山が出来ませんでした。
ほぼ痛みもとれてきましたので今年は登山を再開したいと思っています。
膝関節の強化の為に今年は歴史の道をも歩いてみたいと思っています。

その一つとして今回、1月8日若彦路の鳥坂峠をスポットにして歩いて来ました。ご存知の通り、平成22年3月に新若彦トンネルが供用開始して新鳥坂トンネルと合わせて甲府盆地から八代側を起点にして芦川に抜けて更に河口湖及び精進湖抜けるルートが開通しました。
しかし、私が対象とするのは明治36年に中央線が開通する以前の生活道として郡内、芦川を国中を結ぶ道であり叉駿河との往来の道を辿る事です。
その資料としては「山梨県歴史の道調査報告書」であり山梨...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

古代米のお餅

2011.01.05 14:21  投稿者:ootaminoru

山梨県立博物館で1月2日と3日に古代米を蒸かして杵で突いて御餅にして食べるイベントが開かれました。
3日に参加して赤米の突き立ての柔らかいお餅を食べました。
エゴマとキナコ(大豆)をまぶした御餅でした。これ等も縄文の時代から栽培されていたそうです。
エゴマは香りが独特て香ばしいです。ゴマ科の植物ではなくシソ科植物です。

一般的には米は弥生時代初期に渡来したと言われて来ましたが、最近の発掘調査から縄文晩期頃には既に米がもたらされていたようです。
縄文、弥生時代の炭化米からそのころの米は赤米や黒米だそうです。
弥生時代頃は米とその他の雑穀を一緒に煮てお粥のようにして食べたそうですが平安時代頃には現在のように焚いて炊き上がりは蒸すようになったそうです。

お赤飯は現在では餅に小豆ですが、それは朝廷や貴族によって儀式の時に古式からの伝統を継承して来たとされています。
その昔は小豆の部分が赤米だったのでしょう。

何時頃までは分りませんが歴史時代に入っても赤米や黒米も栽培し食べていたのかもしれません。
黒米はスーパーや道...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

古代の道、中道からの眺め

2011.01.03 19:36  投稿者:ootaminoru

1月2と3日に考古学博物館で古代米(赤米と黒米)のお餅をついて食べるイベントがあり参加しました。私は1月3日に行きその日は赤米の御餅でした。
早い話が夫婦で押し掛けて古代米のお餅を振舞っていただきました。
元々古代米に興味があり、古代米の温故知新を得たいと考えました。
山梨県内の遺蹟からも縄文晩期?に古代米の炭化遺物が発掘されていると言いますが、それらを含めて学芸員は日本に伝わった米はジャポニカ種であると言われますが一部分はインデカ種ではなかったのか?と私は疑っています。
日本に伝播した米は幾つもの時代に渡って幾つもの経路によってもたらされたものであり、その植物分類学上の遺伝子情報も複数あっただろうと想像されます。時期的にも一部分は縄文晩期に遡るのではないかとも言われているそうです。経路としては九州畿内経路とは別に島根県方面から日本海沿いに北上した別ルートがあったらしい。

中央市豊富地区の農家で栽培された黒米を1月2日に御餅にして振舞われたそうですが、その黒米の乾燥した見本からは姿形ではインデカ種の...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

精進湖に御来光

2011.01.03 17:53  投稿者:ootaminoru

精進湖に陽が射した。
凍てついた空気が急に和らぎました。
水際に横一列に並んだ三脚から一斉にシャッターの音が響き渡ります。
その多くは大型カメラだ。
シャッター音の連続そして連続。
撮影時間は僅か60秒位。
雲の出方、染まり具合は自然の偶然の成せる業だ。

私の一期一得を記録しました。

緊張感が融けて三脚をたたんで湖面を背にすると県外ナンバーの自動車が100台あまり陽の中にありました。
山梨県ナンバーは私と、もう一台だけ。

富士山はその多くは山梨県外の人によって愛でられ大切に記録されているのだなーと思った。
山梨県が22世紀に残すもの。それは空気と水と岩と森だと思う。
山梨県は場を提供するだけで良いのだろうか。

私もお正月の富士五湖のご来光は初めてでした。


平成23年1月3日 7時11分撮影。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

精進湖の赤い雲

2011.01.03 17:47  投稿者:ootaminoru

精進湖の夜明けです。
まだ陽は昇らない。
雲の下が赤く焼けて来た。

遠くの地平線から太陽光線が仰角的に富士山の雲を照らし出し、雲の底面を染め出した。
最も、空そして雲が赤くなる瞬間です。

一期一得。
たまたまの出会い頭に芸術的な写真は撮れないだろうが、出会い頭の自然を記録する事が出来ました。

平成23年1月3日7時05分頃撮影する。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

宮城県で富士山ナンバー

2011.01.01 15:10  投稿者:ootaminoru

宮城県で富士山ナンバー。

富士山の標高は3776メートルです。
この自動車のプレートナンバーは3776です。

竜ヶ岳でダイアモンド冨士を撮影後に下山中にお友達になった人の№プレートです。
彼は宮城県で3776の番号を指定して10年前にプレートを取得したそうです。
その彼がお正月のダイアモンド冨士を撮影しに来られたのです。
このような楽しみ方があったのですね。遊びも創造力の賜物です。
素晴らしい。頭が下がります。

撮影時は快晴でしたが1時間の下山後はもう雲一面でした。
ダイアモンド冨士が撮影できて幸運でした。

帰りに精進湖で湖面に光るダイアモンドの数々と逆さ冨士を狙いましたが曇天でかないませんでした。替わりにオイラを付近の伯父さんに頼んで記念撮影をしていただきました。
平成23年1月元旦。

*顔写真添付しますが無断転写などなどのいたずらをしないで下さいね。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

平成23年元旦のダイアモンド冨士

2011.01.01 14:11  投稿者:ootaminoru

明けましておめでとう御座います。
今年も旧年と変わりなくよろしくお願いします。
平成23年1月元旦

ダイアモンドの光の針の長いものを狙いました。
元旦、富士五湖の本栖湖畔竜ヶ岳にて撮影。7時52分。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

▲Page Top