TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > december 2008

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 200812 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

ハイジの村その2

2008.12.31 04:27  投稿者:ootaminoru

綺麗や豪華が勝負だ。

人工のイルミネーション自体にはあまり意味は無い。
神戸淡路大震災の犠牲者の霊を癒す為の神戸のイルミネーションはその事で人が集まり防災や復興や犠牲者を追悼する集会みたいな意味があるけれども、ここハイジの村のイルミネーションは冬の花くらいの意味しか持たないと思う。
しかし、経営側としては大変な苦労であり年間の収益につながる集客力向上の冬季の一つの戦略なのだ。
県が採算の見込みが無いままにフラワーセンターを建設して膨大な赤字経営を造りその成れの果てが指定管理制度で黒字経営にしろなのだ。

巷では明野最終処分場建設に絡んだ迷惑施設の見返りに、、、裏取引の意味を込めてと噂されているが実際はどうだったのか、、、、。
裏取引としか言いようが無く公式の見解は何処からも出て来ない。

県立の文教施設が沢山あります。それらは県のお金を投入して成り立っている。県立考古学博物館だって博物館だってフルーツ公園、文学館、美術館、図書館などなど果ては小中学校、高等学校まで含めて職員や学芸員の給料を含めて維持管理費...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:観光施設アミューズメント

八ヶ岳ワインレッド

2008.12.30 21:12  投稿者:ootaminoru

山梨県立フラワーセンターは当初から赤字運営でした。2005年県は民間に指定管理者を募集しました。
応募に参加した桔梗信玄もちで有名な桔梗屋が運営しています。
(株)ハイジの村として2006年4月1日からリニュウワールオープンし今日に至っています。契約は平成20年12月29日までです。
平成21年4月1日から26年3月31日までの5年間再び指定管理者を募集し県内の法人や団体に対して8月21日から27日まで書類受け付けたそうです。

2005年以前の県直轄の運営とそれ以後の指定管理者の運営によるフラワーセンターをお客として訪れその変貌振りを知るののの一人として改めて経営の難しさを感じます。

勿論、私は法人でも団体でもありませんので指定管理者になるれ資格条件を満たしていませんし、立候補受付期間を過ぎていますので岡目八目、あくまでも頭の中での体操ですが、自分だったら指定管理者となって経営を委託された場合どのような経営を行なうか?

そんな事を訪れて感じます。
観光や地域作りに関心のある方々にとって、頭の体操として...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:観光施設アミューズメント

ハイジの村イルミネーション

2008.12.29 21:40  投稿者:ootaminoru

北杜市(旧明野村)ハイジの村イルミネーション

妻がテレビでハイジの村イルミネーションを見たと言います。
もう三年目になるそうです。

12月29日夕方から娘を含む三人で出掛けて来ました。

昨年までは無料で舞鶴公園で見ていました。もう今年はやりません。
甲府駅前の小規模?なものしか見ていないので頑張って行って来ました。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:観光施設アミューズメント

平成20年12月27日(日)午前その2

2008.12.27 19:45  投稿者:ootaminoru

ポチがフェンスに寄って来た。

近所の犬なのにすっかり気を許して親しげに私の話を聞いてくれます。
犬は言葉を話しませんが人間の心理状態を読み取る能力に長けているように思います。
先日、考え事をしていてポチの前を素通りしそうになったら大きな声で「ワン」と声を掛けて呉れます。
「よってけし」といっているのだと思う。
そして寄っていって世間話をしてやったら、黙って聞いています。

今朝、4時30分出勤途上に垣根の外から覗き込んでポチを探したら犬小屋の中で丸くなって寝ていた。「ポチ」声を掛けたら既に目を開けていて目が合った。寒そうな目だった。

そこに住む人にとって良い町(街)、とはどんな町(街)か?
市の広報誌や市長の挨拶なんかを聞いていると「明るく健やかに、心の通う助け合って暮らせる町」なんて言葉が羅列してあります。何処の市町村も皆同じです。金太郎飴です。

少し突っ込んだ市政5カ年計画とか10カ年計画なんかを読んでみると、
良い町(街)とは次のような環境をあげています。
買い物が便利で
病院があって
保育園や幼稚園があって
...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

下部温泉駅

2008.12.27 19:00  投稿者:ootaminoru

下部温泉のあるJR東海の下部温泉駅です。

昭和25年乗車数  697人/日
昭和55年乗車数  555人/日
平成17年乗車数  226人/日

昭和2年12月17日開業する。開業当初からの駅舎で木造平屋建て黒い瓦葺。
井伏鱒二もこの駅から乗り降りしたであろう。
下部温泉街は1km上流側にあります。
「信玄の隠し湯」と宣伝したり、ひなびた温泉のイメージから大型バスで大人数が直接宿泊施設に横付けは似合わない。
コトコトと身延線のドンコ電車に揺られて下部温泉駅に下りて、駅前からタクシーに乗って旅館なりホテルへと向うのが似合っているように思う。


私は宿泊したことがありません。
湯の奥金山博物館で年間5回の公開講座を聞きに来ます。
自家用車で富士川に沿って52号線を南下して鉄橋を渡って下部温泉駅に来ます。
踏切を渡って暫くの湯の奥金山博物館にやって来ます。

武田時代を代表する金山史研究公開講座が平成9年から継続してここで開かれています。12月13日は58回目でした。
今年のテーマは「湯の奥金山とその周辺。河内地方の原風景を追...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

平成20年12月27日(土)の午前

2008.12.27 14:03  投稿者:ootaminoru

今朝、釈迦ヶ岳が朝焼けた。

今日は平成20年12月27日(土)です。今朝の冷え込みは今年一番だった。
6時半前、仕事場で夜明けを迎えますが、釈迦ケ岳の空が久しぶりに焼けました。仕事をしながら撮影しました。
12月30日まで日曜日も無休で市場の仕事をします。
12月31日、本栖湖の湖畔に聳える竜ヶ岳からご来光のダイヤモンド富士を撮影しに行こうと改めて思う。

無風快晴でサンサンと太陽が照り気温が上昇して小春日和となった。
午前11時に終業。仕事を終えて帰宅の途に付いた。
午前11時55分、家の前から富士山を撮った。ついでに北岳も撮った。
ご近所の五十嵐さんちのポチが首を伸ばして垣根に寄って来た。
作業服が魚臭いらしく一生懸命服の臭いを嗅いでいます。
ポチも撮ってやった。

私が何故ここ中央市に家を建てたか?
地価が甲府市内より安かった。それから日本国有鉄道(JR)の駅が近くにあった。ほとんど乗らないが文明開化の匂いがしたからだ。
近代化の象徴があるという安心があるからだ。
それから
富士山が見えて
北岳が見えて
八ヶ岳が見えて
...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

八ヶ岳天狗岳(その5 歩く オマケ)

2008.12.26 15:44  投稿者:ootaminoru

人が歩いた踏み跡をなぞって歩く。
それは道路だ。
こんなに安全で安易な事はない。
人にぶら下って生きてゆくのは楽チンだ。
作業手順書、取り扱いマニアル、規格書、人の道、女の道などなど行動の多くはガイドラインで守られ規制され導かれて安全に安心に行動しています。

新雪が積もって、まっさらの雪の原を歩く時、後を振り向くと自分の足跡が付いています。
なんともゾクゾクとする快感を経験されたことがあるでしょう。
開拓者としての緊張感、孤独、そうした非日常の清清しさを感ずるでしょう。

登山、取り分け雪山はそうした凛とした気持ちで行動します。
毎日の生活の中ではほとんど失われてしまった感覚です。小さな試みですが自分の存在を再認識します。
フロンテア精神を取り戻す事も有益です。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

4月まで咲き続けるシクラメン

2008.12.26 15:24  投稿者:ootaminoru

ジベレリン未処理のシクラメンは4月頃まで咲き続けます。

以前はそうではなかったのですが、最近のシクラメンは花屋さんで買い求めた時がもっとも豪華で沢山花が咲いていますが時間を経るに従い先細りの傾向になりませんか?ひと月も経つと葉ばかりになってしまう。

花屋さんで売られているシクラメンは花卉市場で取引されているものを花屋さんが仕入れて来ます。
花屋さんはどんなシクラメンを仕入れてくるかと言いますと現在そして近い将来もっとも沢山開花する株の鉢を仕入れてきます。
花屋さんの店頭でお客様によく売れるからです。

花卉栽培農家はどんなシクラメンを花卉市場に出荷するかといえばジベレリン処理をして一斉に開花するように肥培管理した株を出荷します。
クリスマスとかお正月にピークをもって行き一斉に開花させる花作りにします。

ジベレリン処理は蕾を一斉にほぼ同時に開花させる成長促進剤なのです。

ですから花卉市場を経由しないで、即ちジベレリン処理をしないシクラメンをコダワリの栽培農家から直接買って来るか、若しくは花卉市場経由の花屋さ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

夜叉神峠裏街道

2008.12.24 17:16  投稿者:ootaminoru

夜叉神峠裏街道

夜叉神峠のすぐ下の見晴らし台を今登ってきた道を直進して逆側に下ると広河原線の夜叉神隧道の出口に下ります。
現在ほとんどこの道は使われていません。
夜叉神隧道が出来る以前はこの峠を越えて広河原方面に向う野呂川沿いの幹線道路だったんだって。林業関係者が奥の伐採現場や炭焼きなどへ通った道だったそうです。


長い隧道を歩いて夜叉神の森の登山口に戻ってきます。

写真はテナンショの実です。
毒々しい感じがします。別名マムシクサとも言います。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:オリジナル観光ルート

南アルプス市のシクラメン

2008.12.24 11:31  投稿者:ootaminoru

現在、南アルプス市は花卉栽培が盛んです。
特にハウスでのシクラメン栽培が盛んです。

その昔は水がなく月夜の晩も焼けると言われた原野だった。
徳島堰が出来て水を得て畑や水田も出来た。
しかしその多くは桑畑だったそうです。昭和20年以降は果樹栽培へ転換した。

更に資本を投下して集約的な農業へ起業家への道を歩んだ。

メリークリスマス。
そしてもうすぐハッピーニュウイヤー だ。


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

八ヶ岳天狗岳(その3 雪の中を歩く)

2008.12.23 17:24  投稿者:ootaminoru

八ヶ岳は南北に繫がっています。
東南部分は山梨県、それ以外は長野県の地籍から連なっています。

観光客にとって、叉登山者にとって八ヶ岳や八ヶ岳高原は山梨県や長野県のどちらに属していようが構わない事であり、そこへ行けばどんな場所でどんな楽しみがあるかということが大切な訳です。
長期的には山梨県と長野県の連合体で八ヶ岳及び八ヶ岳高原の楽しい場所と楽しい遊びを提供しあって一泊二日を更に二泊三日、三泊四日に移動して点から面へ楽しめる八ヶ岳、南アルプス北部、瑞垣山、金峰山、茅ケ岳含むエリアとした観光ポイントを連ねて連泊をしていただく構想が将来的に必要な事だと思います。

八ヶ岳の長野県側にはスキー場やリゾート施設、宿泊施設が完備しています。
ですから、山梨県側にこれから高度な社会資本をつぎ込んだリゾート施設を仮に建設しても太刀打ちできないでしょうし、稼働率低下で苦しい経営を強いられる事でしょう。
しかし、長野県側のそれらの施設は住民の住む地域社会と住み分けた高原の林の中に施設があって地域社会と隔離した姿でリゾート...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

夜叉神峠

2008.12.23 14:12  投稿者:ootaminoru

夜叉神峠(1776m)
ここから白根三山が良く見える。
夜叉神の森の登山口から1時間位で登れる一寸したハイキングコースだ。

秋のこの時期は空気が澄んで遠くの山がよく見える。
11月13日

この週で林道は閉鎖される。

沢山のハイキング客が来ていました。
その多くはかつて白根三山を歩いた人達だと思う。
思い出ポロポロ。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:オリジナル観光ルート

八ヶ岳天狗岳(その2 雪の中を歩く)

2008.12.22 09:28  投稿者:ootaminoru

山梨県は押し並べて申しますと長野県に比較して雪の生活を通して雪の文化が少ないと思います。

しかし、北巨摩郡はその雪と触れ合う唯一の山梨県側の地域社会であろうと思います。大切にしたい地域の資産です。
富士山天神ノ森や御坂のスキー場や富士急アイススケート場もありますが例外です。
富士五湖も昨今ほとんど結氷しなくなり、ワカサギ釣りも期待できなくなりました。又、山中湖の白鳥も鳥インフルエンザで人気が出ません。

冬を楽しむイベント、その根っこの部分は積雪の風景であり雪遊びだと思います。

北八ヶ岳の天狗岳であれば歩いて2時間半から3時間の黒百合ヒュッテまでなら誰でも来れます。防寒具とそれなりのトレッキングシューズ、スパッツなどなど足回りや手袋などの防寒対策を施していれば大丈夫です。
一泊二日の雪の中を歩く旅は素晴らしいでしょう。

同様に山梨県側の八ヶ岳高原でゲレンデスキーにクロスカントリースキーやバードウオッチングや森の中の動物達探し、トレッキングなど冬を楽しむイベントやコース作りを沢山出して欲しい。

すぐに観光客...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

金峰山への道

2008.12.21 14:39  投稿者:ootaminoru

牧丘で花豆を見て北海道開拓移民の苦労を思い出し、大弛峠から樹林帯を歩きます。
樹木の壁で隔てられて先がまるで見えません。黙々と辛抱強く先を信じて歩きます。
樹林帯が切れて明るい世界に飛び出しました。
這い松の緩やかな起伏の丘に至り金峰山の頂上へ。
金峰山を極楽浄土の世界と見立ててしばし下界を見渡します。
持参した御握りと水を出して一休みしました。
近代化以前の人の心と人が集まる集団社会の変遷の歴史を透視し垣間見ます。

山梨新報(平成20年12月19日)
当世の山梨県下の状況を見出しから探ってみます。

①特集「甲府中心街」オギノ撤退。再生に赤信号。行政支援に限界も

②県林業公社「どうする負債265億円」採算の見通しが立ちません。
 
③倒産予備軍が増加。全国最低レベルへ。背景に構造的(人口減少や人材が集まらない)問題が。
帝国データーバンク甲府支店長談。

④地方復活。間伐材プロジェクトの始動を

⑤暴力団移転で反対集会「指定暴力団稲川会系山梨一家」の移転問題で増坪地区協議会は総決起集会を開いた。

⑥防衛省職員(自衛隊北富士...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

八ヶ岳天狗岳(その1  雪を歩く)

2008.12.21 08:24  投稿者:ootaminoru

雪の季節がやって来ました。
雪の中を徘徊したり登山をするのはとても楽しい事なのです。
北八ヶ岳の天狗岳に積雪期に毎年のように登っていますが、その中から雪景色を御贈りします。
ですが、この山は長野県に地籍がぞくしていますし、登り口も長野県の茅野側の渋辰温泉からの入山が便利です。

居直る訳ではありませんが、長野県の八ヶ岳に関する登山口の施設やアクセス、冬季の山小屋は整備されています。しかも沢山の登山ルートがあります。沢山の中から好みのものを選択して登ります。
積雪期の八ヶ岳登山の殆どは長野県側からの入山が山屋(登山愛好者)としては常識になっています。
それだけ山梨県側の地域社会は八ヶ岳から気持ちも目も離れている事を意味します。

山に対する郷土愛やコダワリは長野県側に比較して山梨県側は希薄といえます。ですから夏山を含めて、八ヶ岳文化は長野県に全てが属していて、地籍としても八ヶ岳及びその火山泥流で出来上がった周囲の八ヶ岳高原は長野県のものとして認知されています。
清里も多くの登山愛好者の仲間には長野県としてイン...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:オリジナル観光ルート

金峰山

2008.12.20 13:22  投稿者:ootaminoru

金峰山は信仰の山だった。
中世以前に遡るのだろう。
複数の里宮があると聞きます。そこから登山道が付けられ金峰山に導かれます。金桜神社もその一つです。

古来から人は何を求めて山に向ったのでしょうか。

写真は7月28日、大弛峠から往復しました。
途中の牧丘(山里)では花豆の赤い花が咲いていました。
高冷地、寒冷地で育つ豆です。

明治時代末期(40年と43年)の山梨県を襲った大洪水で全県下から沢山の被災民が家族単位で北海道へ農業移民しました。
甲府城の本丸にある恩賜林記念碑は洪水で荒れた天皇御用山を県に無償で譲渡していただいたとする当時の県知事が天皇に対して感謝の念を表敬した謝恩碑です。が、被災者の多くの苦難を印した記念碑は何処にもありません。
全てが忘れ去られようとしています。

羊蹄山の麓に入植した被災民は夫々頑張りました。しかし結果的に失敗に終りました。
甲府市出身の下山嘉吉はこの花豆を栽培する事で一家の生計を立てようと頑張りました。
しかし、土地や家屋を同郷の移民に譲渡し一家は東京に出て更に甲府市に戻り昭和20年...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

東京築地魚市場のマグロの競

2008.12.19 17:17  投稿者:ootaminoru

数日前、テレビのニュースで報じていました。
東京築地のマグロの競風景の観光見学をやめたんだって。

知らなかった。外国人の東京見物の目玉商品に築地の魚市場でマグロの競を見学するのが人気だったんだって。
ガイドブックや観光コースに掲載されていたんだって。
築地では2000本/日のマグロを扱うんだって。
早朝、4時から6時ごろに集中する競で裁かれるはずだ。



あんまり人気が高く過熱して、押すな押すなの盛況でマグロに触ったりフラッシュを焚いて競の邪魔をして迷惑をこうむるので締め出したんだって。

一過性の外人観光客にモラルやルールは通用しない。
関係者は困り果てた末の処置らしかった。


こんなものがインバウンド観光スポットになるのだなー
改めて日本人のマグロ好きが外国人に文化として紹介され、更に御寿司とお刺身の和食ブームが世界的に流行?定着?しているのだと知らされた。

写真は甲府市卸売り中央市場風景です。
フラッシュは焚きません。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:オリジナル観光ルート

地域観光戦略

2008.12.19 12:17  投稿者:ootaminoru

観光は地域なり。
宿泊旅行統計調査が平成17年から実施されて、旅行者の行動が始めて明らかにされた旅の実態を分析した地域活性化戦略の教科書が出版された。

インバウンド観光に係る仕事に従事したり、関連の地域興しに従事するには
企画力養成講座で渡された「地域におけるインバウンド観光マーケッテング戦略」総合研究所、研究代表:溝尾良隆 が詳細で且つ全てを網羅されていて最適のテキストに違いない。
しかし、私の能力からは詳細であるが故に体内に血となり肉となり滞留することなく未消化で殆どが排出してしまいました。
これは一つには、インバウンド観光の具体的な就職口が今のご時世で不透明な性でもあると思います。叉私自身が本気ではない部分だろうと思います。
要するに「猫に小判」なのだ。

ところで、2008年11月25日発行の「観光統計から見えてきた地域観光戦略」著者:額賀信 はインバウンドに対象を絞ってはいませんが観光に関するまさに教科書だと思う。

サブプライムローンの破綻から世界経済は失速し、日本でも製造業、一際自動車産業やカ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

観光資源だけでは人は来ない

2008.12.16 11:43  投稿者:ootaminoru

清里の熱狂的な観光ブームは昭和41年ジャージー牛のソフトクリームをキープ協会が製造販売したことに始まります。
その当時の八ヶ岳高原のソフトクリームは清里高原、牧場、食の洋風化を象徴するものでその当時の日本の時代にマッチングし八ヶ岳そのものを閉じ込めた商品だった。
昨今、北海道をイメージした商品が開発された。即ち北海道のイメージを売っている。
それは花畑牧場の生キャラメルだ。


清里高原はもはや牧場や畜産、農業が主産業ではない。

ソフトクリームはもはや八ヶ岳高原を代表するイメージではなくなった。
ソフトクリームの寿命は切れた。

此れからの清里のコンセプトは何か?
新しい地域社会に住民や訪れる人に共通の物は何か?

清里の観光資源は八ヶ岳とその八ヶ岳高原そのものであると思う。

即ち観光資源はある。
その観光資源、それだけでは人は来ない。
観光資源が人を引き付けることの出来る生産物に加工することが必要である。観光資源を実際に利用可能な生産物にするところに工夫がある。

写真は八ヶ岳の主峰赤岳への登りです。

冬季、皆が皆赤岳に登...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

甲府城内武徳殿のイチョウ

2008.12.14 09:00  投稿者:ootaminoru

茶碗蒸に銀杏(ぎんなん)の取り合わせ
これって、どうして?

茶碗蒸。これって薬膳料理の一つらしい。
薬膳料理って何?
否、精進料理から茶碗蒸しは生まれたのでは?
そもそも銀杏(いちょう)の原産地は?


インバウンド観光にはあまり関係がないのでは?
しかし、外国人が日本料理の一品として茶碗蒸しを食べている時、そして銀杏(イチョウ)の樹を見ている時に日本の伝統料理の茶碗蒸しと銀杏(ギンナン)にまつわるお話をするのも食の文化の紹介になると思います。

そうした諸々の意図からイチョウについて調べたことを書いてみることにします。

①銀杏(イチョウ)の原産地は中国(安薇省宣城県)
 イチョウは原産地が中国で平安末期から鎌倉時代に渡来したらしい。
 中国でも、ある特定の地域の山中に細々と自生していたらしく11世紀に 発見されて宮中や仏教寺院に植えられ人気が拡大して広く大切に育てられ たらしい。
 その後、中国から新しい仏教(禅宗)が平安末期から鎌倉時代に伝えられ 中国から禅宗の僧侶や日本人の中国帰りの留学生が沢山日本へ渡ってきて...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

里垣地区の英霊の碑

2008.12.13 17:42  投稿者:ootaminoru

里垣地区(善光寺、酒折)の里山を藪漕ぎ同様にして歩いていたら突然目の前に高いコンクリート製の記念碑が現われた。

先般、酒折宮を尋ねたついでに不老園の間を通り抜けて里山の入り口にある連歌の記念碑を見に行った。そして更にそこから奥の里山に入っていった。

連歌の碑の場所は古墳時代の横穴式古墳群の一つであり上部に覆われていた土砂及び天井部分の岩を取り除いた石棺のあるお墓そのものが露出している場所のように思う。考古学の古墳には素人なので誤っているかも知れませんん。
二世紀頃?東国支配の為に大和政権が駿河の国から房総を経て前線基地であった関東平野へ戦線を拡大して蝦夷支配を強める時期だったでしょう。あるいはもっと奥の東北まで行ったとする説もあります。
皇子日本武尊は筑波より帰途について甲斐の国のここ、酒折宮で暫く滞在されて癒された。しかし日本武尊自体、実在の人物とは思われなく、後世に創作されたフイクションだと思う。しかしそのような東国支配へ戦いが繰り返し行なわれたことは事実であろう。
その折に連歌を詠まれたとす...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

本丸の柿は渋柿だった

2008.12.12 09:27  投稿者:ootaminoru

甲府城の本丸に柿が実っています。

何を言いたいのか、書きたいのか自分でも解からないで書き始めました。
強いてと言えば柿の原産地は日本ではない。
実生の柿は渋柿です。

大きな樹ではなく、場所も謝恩塔の傍に柿の木があります。
明治時代に山梨県を襲った洪水は田畑を流し多くの被災民をつくりました。
洪水の原因は盗伐で再発防止の為に宮内庁御用林を無償で県に払い下げていただきました。以後自分達で植林をしてして管理して山を守れとの仰せでした。
明治天皇に対して県知事が謝恩碑塔を建てて感謝の意を表したその石垣の足元にくっついて一本の柿が生えています。

現在、梢で熟し、幾つかは鳥の餌となり実が破られて、幾つかは根元に落下しています。

今時、柿を盗む人はいない。晩秋から餌のなくなるお正月頃以降も数を減らしながら寒空にぶら下っているのが恒例です。

種からの実生の柿は99.9㌫が渋柿だと言われています。逆に甘柿は突然変異で渋柿の中から生まれたもので、その甘柿の種を播くと実生苗からの実は渋柿だそうです。

甘柿は1214年神奈川県川崎市の王...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

八ヶ岳の魅力(その3 山岳)

2008.12.11 07:47  投稿者:ootaminoru

冬季に皆が皆、山麓に暮らしている人が山岳に登ることはかなわないでしょう。
しかし、杜や林の中を散策する事は出来ます。

写真は平成19年2月10日八ヶ岳の天狗岳への道すがらです。
八ヶ岳は沢山の峰の集合体です。
体力に合わせてその時期、その時の気象状況などからかんがみ沢山の山岳登山ルートから選択する事が出来ます。
無理なくコースを選択して楽しむ事が出来るのが八ヶ岳の特徴です。

この日は吹雪いて天狗岳の頂上直下で引き返しました。
手前の山の奥に東天狗岳が隠れています。

先に進みましたがここから先は写真を撮影できませんでした。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

高野山の観光取組み

2008.12.10 12:03  投稿者:ootaminoru

ない物ねだりをしてもしょうがない。
他と比較してもしょうがない。

しかし、何かを立ち上げる時はマーケッチングの手法で、ターゲツトや競合品、差別化、ブランド、価格等など市場の動向を観察する必要がある。
即ち、都道府県、市町村単位に観光の戦国時代であることを忘れてはならない。

内閣府政府広報室発行のCAB(キャビ)ネット「暮らしに役立つ政府情報誌」の11月号に特集、私の町を見て下さい。高野山と出雲の観光記事が出ていました。
*私は中央市役所総務課のカウンターに置いてあり頂いて来ました。


高野山
フランスやスペインからの外国人観光客が増加している高野山。
僧侶や宿坊の人々から町の喫茶店に集う人まで、町の様々な人達が外国人観光客をもてなしています。

英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語を使い外国人観光客に高野山を説明するクルト厳蔵さん。高野山在住11年、スイス出身の役僧。
海外にいて仏教や日本のことを学びたい人からのメールに毎日4時間掛けて返信しています。その他etc。


出雲
此方はインバウンド観光ではなく国内観光だ...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

八ヶ岳の魅力(その2 杜を歩く)

2008.12.10 06:50  投稿者:ootaminoru

杜や林は人類の長い間暮らしていた生活空間です。
理屈を越えて掛け替えのない場所なのだと思う。

八ヶ岳の山や山麓そのものが素晴らしい。
しかし、その素晴らしさを現実的にどのようにして北杜市の繁栄に結びつけるか?
抽象論ではなく具体案で示せと質問が飛ぶでしょう。

私はまず地域の人たち皆が山や山麓に親しむ事から開始されるべきだと思う。
北杜市人口50,011人(平成19年1月1日現在)の人達が杜や林の中を歩き叉山に登ることから開始されるべきだと思う。
四季を通して、コースを変えて、仲間を変えて、毎年生活の一部分として繰り返し繰り返し山や杜と親しむ事だ。夏のキャンプも素晴らしい。

そうした行為から、生活から山や杜を崇める事が心の中で自然に醸成して来るでしょう。

絵画に描いたり、俳句にしたり、音楽を奏でたり、写真に表現したり、、、、歌を歌ったり。山や杜がいとおしくなるでしょう。故里の山河が愛しくそして朝夕眺める山河を通してそこでどっぷりと自然と共に暮らしている自分たちが掛け替えのない時間の流れの中で幸せを感ずる事で...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

甲府駅界隈の紅葉

2008.12.09 12:05  投稿者:ootaminoru

12月8日の朝は寒かった。

これから本格的な冬になります。
現在、私は午前3時半に工場へ行き、機械の電源を入れて予備加熱に入ります。
4時から市場関係者がやって来ます。
発泡スチロールの魚箱を受け入れます。
4時40分から運転開始します。
野外での仕事なので暖房設備がありません。
太陽が昇って朝日が差す前の7時頃が一番冷え込みます。
足の先が痛い。口の周りが固まって呂律が回りません。
時間の経過と共に周囲の状況が変わって行きます。夜明けになって朝日が差して、、、、、、その中で仕事の段取りが進行して行きます。
そんな毎日の時間の経過が大好きです。
忘年会シーズン真っ盛りとみえて今日の発泡スチロールの箱は驚くほど沢山入荷した。
もうすぐお正月なのだ。

今年最後の紅葉です。
甲府駅から徒歩3~5分の山梨県庁の庭の紅葉です。
逆光でステンドガラスのように透かしてみました。

道を挟んで舞鶴城(甲府城)内の武道館の銀杏です。
付近に別のイチヨウは見当たりませんが毎年、一杯銀杏の実が根元に落ちています。雌の木なのでしょう。
写真は12月6...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

八ヶ岳の魅力

2008.12.08 09:11  投稿者:00taminoru

四季を通して森や林を散策することは楽しい。

何故楽しいか?

これは人類の起源に遡ります。
何百万年か何千年か前にアフリカで森林が繁茂していた環境が地殻変動や地軸の傾き加減の原因で寒冷化し、叉砂漠化した。
多くの哺乳類、特に霊長類は居住密度が過密化して森林を後に砂漠やサバンナで生きてゆくグループが生まれた。
根菜類や魚や小型の哺乳類を食べるなどの雑食のグループが出現した。
その一つが人類の祖先であった。
その人類の祖先はアフリカを出てユーラシア大陸に更にアメリカ大陸やオーストラリア大陸にも移動した。

人類の祖先、即ち類人猿の時代の名残として、類人猿は森の中で果実をもっぱら食べる食習慣で長い間暮らしてきた。
この祖先のDNAは本能に刷り込まれています。
人間の血に備わった運命的なことなのです。

都市化して緑の少ない現代の人類の生活空間はつい最近の出来事(1000年)であって実験段階だとも言えます。長い霊長目の歴史からするとほんの短い出来事です。
都市空間での暮らしは利便性に優れて合理的に見えますが、本来の人類の冷静...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:オリジナル観光ルート

外国籍児童生徒の学習支援

2008.12.07 07:42  投稿者:ootaminoru

平成20年12月6日から毎週土曜日の夜、7時から9時まで中央市外国籍児童生徒の学習支援教室を立ち上げました。

市民として在籍する児童は小中学生を合わせて153人です。その内の130名が中南米(ブラジル、ペルー)です。

インバウンド観光で訪れる外国人に魅力ある日本であることは、そこに住む住民が幸せで暮らしやすく安全で安心できる郷土である事が絶対条件だと思います。
そこに住む人々全てが誇りをもって自分たちの郷土を愛し、幸せに暮らしていると思う実感を伴っていることが何よりも必要なことです。

山梨県の甲府盆地の真ん中に小さな地方の自治体があります。
人口3万1千人の中央市です。
歴史的には釜無川と笛吹側の合流点の内側に出来た砂州であり明治時代を含めて洪水の常習地でした。
平成の大合併の時期に旧田富町、旧豊富村、旧玉穂町が合併して市になる最低の人口3万人をクリアーして出来上がりました。

山梨県下で人口比率で最も外国人が多く住むのは中央市です。約7㌫、2,200人の外国人が市民として暮らしています。
グローバルな社会...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

八ヶ岳そのものが素晴らしい

2008.12.06 20:05  投稿者:ootaminoru

里に桜が咲く頃、高原や山は雪解け時期を迎える。
八ヶ岳へ毎年3月から5月上旬に巡回する。

山梨県は雪が少ない。北巨摩や郡内地方はそうでもないかも知れないが甲府盆地は少ない。
少ない分だけ冬の生活が楽だと言えそうですが雪の文化も少ない。

雪の中を徘徊する。雪と戯れる。
此れほど贅沢な遊びはないと思う。

平成20年4月13日北八ヶ岳の蓼科山へ行って来た。
雪解けと共に雪ノ下から緑色の笹の葉が出てくる。

倉本聡の「北の国から」のテレビ映画を思い出します。
美しくも厳しい自然とそれに増してそこで生活するものにとって厳しい経済的立脚。

ポールラッシュが清里へ開拓村を建設に入った時期、清里は「北の国」そのものだったでしょう。
農業そして牧畜業を生業として理想的な地域建設の夢に溢れていただろう。

明治以降の大きな県内の農業開拓計画を思い出してみた。
抜け落ちているものもあるでしょうが、明治初期の日野春の開拓、戦後の復員者による富士山麓豊茂の開拓、南アルプス野呂川、西山の開拓、そして八ヶ岳の南面高原台地(清里高原)の開拓

食の安全...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

尾瀬その3(歩くという事)

2008.12.06 07:14  投稿者:ootaminoru

犬も歩けば棒に当る

何の制約もなくポコポコと歩く。
そのような魅力ある場所なりを山梨県内にも沢山見つけたいものです。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

身延山久遠寺の風景 その2(企画書作成作業について)

2008.12.05 06:49  投稿者:ootaminoru

闇に沈み照明に浮かび上がる五重塔です。

12月1日観光教育プログラム第13,14回の講座でモニターツアー実施に至る企画書作成の為のグループ討議を行なった。


予め予想されたことではありますが、インバウンド観光ツアーの核心部分の仏教教義の学習(生涯学習)と楽しく旅をする従来型の観光(風景や名所を見物)のせめぎあいと言ったら良いのか、グループ内での折り合いがなかなか難しいことが表面化した。
観光ツアーの決まった限られた時間の中で何と何を優先して観光行事として落とし込むか?
その優先順序は実はその人の価値観である。
より多くを盛り込むのではなくどうしてもこれだけはとの消去法でかかるべきだとも思う。
遊びの部分=感性を刺激して楽しいこと  と学習部分(理屈の部分)をどのように配分したら、より多くの人により評価が高いか?
リピーターを期待したい旅行内容なのでその面からも評価を聞くべきだと思う。
しかし、お互いに妥協して一本の企画書に纏め上げなければならない。

2月7日のプレゼンテーションでJTBの評価を受けますが、プロの...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

身延山久遠寺ツアーの取組み

2008.12.04 19:30  投稿者:ootaminoru

11月27日、身延山久遠寺の夕方です。
人通りも絶え、晩秋の深山の趣が深まります。

11月27日身延山大学へアポイントを取って出掛けて行った。
インバウンド観光プログラム、提案内容「日本人の文化を仏教、身延山久遠寺から探る」は窓口の個人としては興味深い。

教育プログラム企画養成講座のトレーニングの為としても将来性がありそうなので具体的な企画書を見せて欲しい。叉それに至たる進行状況を教えて欲しい。
進行状況に合わせて、窓口として組織に話してみる。と言って下さった。

12月1日インバウンド観光企画養成講座第13,14回に出席した。
モニターツアーの実施に向けた企画書作成の為のグループ討議を加えた。
この段階を経て凡その日程表や企画内容が語れる段階で再び身延山大学と意見交換をすことにした。

12月5日に身延山大学「寺子屋講座」石和、遠妙寺に於いて。「仏教の教え」講座に出席します。そこで別件で担当者と話をすることになっています。突っ込んだ話もしたい。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

ドボーン、お池にはまってさあ大変

2008.12.03 11:46  投稿者:ootaminoru

えらいことになった。
尾瀬なんかで遊んでいる場合ではない。


目の前が真っ白けっけ。
12月1日インバウンド観光事業企画力養成講座「モニターツアーの実施に向けた企画書案のまとめを行なう。」を受講した。

私の脳に届く理解スピードを遥かに超えていてムムムムム、、、。
目の前がかすんで来て眠たくなってしまいました。
気が付いたらお池にはまっていました。サー大変。

何をどのようにしなければならないかは葡萄おばさんの「コトの難しさを実感」を参照されたい。
なるほど、そうだったのか。

胸突き八丁、頑張らなければ、、、、。

来年の衆や心して挑戦して下さい。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

ヤマナシ三考

2008.12.02 20:09  投稿者:ootaminoru

甲府城のヤマナシの葉が落ちました。
寒空にヤマナシの実がぶら下っています。

峡中(甲州)八珍菓として江戸時代に甲斐の国の代表的な果物を総称して八珍菓が出てきます。
その内訳は
葡萄、梨、桃、柿、栗、林檎、石榴、ギンナン(叉はクルミ?)

甲斐そう記(嘉永元年=1848年)大森快庵著に出てきますが、この梨は青梨にはかなわないと記されているそうです。
即ち、山梨県で栽培された梨は表皮の茶色い通称赤梨であったことが判ります。

赤梨はヤマナシ系から改良された梨の品種です。

ヤマナシは甲府城の梨です。ヤマナシは直径3cmから8cmくらいの大きさだそうですから、栽培の過程で果実の大きさにも変化が出て来ていろんな品種に分かれたものと思います。
ヤマナシの野生種は果肉が硬く味もすっぱいそうです。
ヤマナシの野生種は人里近くにしか自生していない事から本来は日本になかった種が栽培されて広まったのではないかと考えられるそうです。
そうしますと原産地は中国になります。
明治時代に入って長十郎などの品種が生まれたそうです。
最近では二十世紀...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

尾瀬ー2(雪解け)

2008.12.01 21:16  投稿者:ootaminoru

♪春になれば伊良子(いらこ)も融けて土壌っ子だのフナっ子だの春が来たなと思うべな。♪

木道が所々顔を出しています。
木道の側や下は溝になっていて空洞です。

雪の上を歩いていて突然雪を踏み抜きます。すっぽりと片足が深みにはまり胸まで陥没します。深みのその多くは隠れた木道の側の空洞です。
脱出するのが大変です。

この季節の尾瀬は空いています。

雪原を自分が歩く所が道です。
自己を規制する道は無いのです。

このような遊びは80歳を越えても出来そう。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

▲Page Top