TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > august 2008

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 20088 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

武田の杜

2008.08.31 18:01  投稿者:ootaminoru

 縁あって武田の杜散策路を三度四度と今年になって歩いています。
そもそも山梨県には森林公園と名前の着いた山地が三箇所あって、次の通りです。
1県民の森  旧櫛形町
2武田の杜  甲府市
3金川の森  旧御坂町?
詳しくは「山梨県 森林公園便り 」で検索して下さい。

 武田の杜は甲府市の市街地に近い相川扇状地の周辺を取り巻く馬蹄形の山域にあります。

 国有林、県有林、私有林からなる2500ヘクタールの広い面積で愛宕の山こどもの国、愛宕山青少年の家、躑躅ガ崎園地、森林見本園、史跡要害山城、鳥獣センター、千代田湖畔の健康の森、樹木見本園等などの拠点が分散していて車道と遊歩道が連絡しています。
註:恩賜林の県有林が有名ですが沢山の国有林が含まれています。

 前回は武田神社から要害山まで。今回私は緑ヶ丘のスポーツセンターに駐車して遊歩道を湯村山経由で千代田湖畔と小松園地と中峠口まで往復して来ました。

 湯村山から千代田までの部分は踏み跡がしっかりしていて結構歩かれているようですが、他の点と線は草が伸びて足跡も少なく歩...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

須走り口からの富士登山

2008.08.31 04:49  投稿者:ootaminoru

平成18年9月10にも富士山に登っていました。

須走り口からの登山です。
登り始めたら朝焼けの富士山に出逢いました。

二枚目は富士宮口の浅間神社奥宮です。
富士山八合目以上の紡錘形の斜面及び頂上は全て富士宮にある浅間神社の境内です。国有地ではなく神社の私有地です。

三枚目の水溜りは古の記録にも出て来る名所旧跡「コノシロ池」です。
心無い工事関係者が工作機械か何かを乗り入れてタイヤの跡が着いています。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

富士登山

2008.08.30 14:47  投稿者:ootaminoru

一番最近の富士登山は平成18年7月26日です。
何時も早朝に自宅を出て日帰り登山です。

この時はスバルライン五合目(河口湖登山道)から登りました。
過去、スバルライン五合目口、須走り口、御殿場口(太郎坊)、富士宮口、そして精進湖登山道からも登っています。
後一つ、明治時代に東海道線が開通して急速の廃れた村山登山口は未だ登っていません。
廃れた理由は当時の東海道線は現在の御殿場線を走っていて御殿場駅から近い御殿場口が開設されたこと。そこことで静岡県側からの登山は御殿場口に集中した。叉その後、富士宮駅からの登山客を取り戻す為に最短距離の新道を五合目迄開削して着けられた事によって、東海道の街道から枝分かれして入る今までの村山古道は回り道になり時間と労力が掛かる為に廃れたのでした。
富士吉田口登山道もスバルラインが出来て以来、富士吉田浅間神社から歩き佐藤小屋のある五合目に至るコースは廃れました。今では富士吉田市役所からの富士山マラソンのコースになっていますが殆ど利用されていません。
但し冬山登山は今でも浅間神...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

昭和13年製の狛犬サン威張るな

2008.08.29 21:33  投稿者:ootaminoru

武田神社の造営は大正8年に完成しています。その時の鳥居は正面の堀を渡って階段を登ったところにある石の鳥居がそうです。
拝殿前の鳥居は昭和13年に、それから、先ほどの階段を上がって大正8年の鳥居の前の狛犬サンは昭和13年に設置されています。
裏側に夫々年号が彫られています。
昭和13年の狛犬サンは物凄く胸が大きく威張って見えます。
私は神社へ行くと狛犬サンのスタイルを見るのが趣味です。
昭和10年以前の年代の狛犬サンは色々のタイプや流行がありますが、こんなに胸を張って威張っていません。
昭和12年に中国戦線が本格化し昭和13年には国民総動員法が制定されました。即ち、赤紙で兵役を指定する徴兵制度が出来ました。
天皇陛下は神様です。明治天皇は絶対です。国民は天皇陛下の僕です。
明治国家は絶対君主制議会民主主義と言うそうです。
天皇と国民の係りを明確化するシナリオがこのような狛犬サンのスタイルを作ったと思う。時代の申し子だ。

武田神社の宝物殿の前にキテーちゃんが居ました。
先ほどの狛犬サンとはイメージが違いすぎます。
...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

要害山城からの抜け道

2008.08.28 16:51  投稿者:ootaminoru

8月27日武田神社(躑躅ガ崎の館)から山中を巡り岩堂峠を越えて兜山を経て山梨市のフルーツライン(公園付近)へ行って来ました。
9月5~6日に北アルプス立山の剣岳登山をするので足慣らしに山中を巡ってきました。
8月27日はお盆以後秋めいた気候とは打って変わって暑い一日でした。無風で気温が高くしかも低山で、すっかり疲労困憊してしまいました。フルーツラインから下って春日井町駅にやっとこ到着しました。木偶の棒でした。
JRで甲府(180円)まで、そしてバスで武田神社(180円)へ。

武田神社にマイカーを駐車し、拝殿で道中の安全祈願をして大手門から竜華池に出ます。躑躅ガ崎の尾根を少し登り武田の杜遊歩道を等高線に沿って森林の中(国有林)を歩き上積翠寺へ。道中は森林の杜でツクツクボウシとミンミンゼミの合唱の嵐です。深沢園地に出て山ノ神、道祖神、水神様に合掌をして要害山城の西隣の尾根を登り熊城史跡へ。そしてその尾根を登りきり山腹に着けられた要害山城からの抜け道に合流して西に進み観音霊場深草観音を経て奈良時代から...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

秋刀魚

2008.08.27 07:15  投稿者:ootaminoru

庶民の胃袋を預っている甲府中央市場に関連した仕事をしています。
今、旬の魚として秋刀魚の入荷が多い。殆どが北海道根室から水揚げされたものです。
北洋のどの辺りで操業しているのか知りませんが、北洋と言えば最近読まれていると言います小林多喜二「蟹工船」の文庫本を買って来ました。
以前若かりし頃一度読んだものですがもう一回この機会に読んでみようと思います。
秋刀魚はもう少しすると気仙沼さんに変わってくるだろう。

今の今、山梨の旬の食材として秋刀魚があります。
県民が生活の中で消費する食材、その食材を加工して食べるのが食文化だと思う。しかし、秋刀魚の塩焼きは県外の観光客への御もてなしの料理にはなりにくい。
されども秋刀魚の焼き魚は旨い。

山梨の食文化としておもてなし出来る物はなんでしょうか。
地域に根付いた地域の生活のなかの食べ物。
甲州種ワインが新規開発されてきました。
私達山梨県人が日常の食卓に、御もてなしの席に常用されるようになる事を願ってやみません。そうした地域社会をつくる町づくりの努力を期待します。

お盆が過...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

果物の秋

2008.08.25 16:31  投稿者:ootaminoru

巨峰が旨いね。
メロンにバナナ、もうすぐリンゴ。

急に涼しくなりました。
何もしたくないけれども幸せになりたい。そんな暑い夏日が懐かしくもあります。
これから行楽のシーズンを迎えます。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

花火(フアイヤーアート)

2008.08.22 15:28  投稿者:ootaminoru

昨日、8月21日石和の花火を見に行って来ました。
いいもんですねー。素晴らしいですねー。川風に身を任せて見上げる空にお盆の送り火と夏の終わ、秋の始まりを認識出来ますね。
毎年1年に1回か2回、打ち上げ花火を見るのを恒例としています。


花火のことを英語で「フアイヤーアート」と言うのだそうですね。
その芸術性は1発1発の打ち揚げる玉の大きさや色合や柄物の種類ではなく、連続して速射砲のように打ち揚げるスターマインの様な花火群と表現したら良いのか、全体の印象度を競うようになって来たと思います。
即ち、人間の手で二尺玉に火をつけて打ち揚げるのではなく、コンピュータ制御で電気的に自動で打ち揚げる方式に変わってきて、そのプログラムどうりの組み合わせによる印象度を問題とする様です。

昔風の「玉やー」「江戸やー」の掛け声の両国の花火ではなくなってきています。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

櫛形山散歩

2008.08.21 14:07  投稿者:ootaminoru

静かな櫛形山を歩きます。
この山はアヤメやホテイアツモリソウで有名です。

それから原始林?と思われる巨木の森が素晴らしいです。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

八ヶ岳の最も美しい季節

2008.08.21 13:13  投稿者:00taminoru

八ヶ岳は長野県と山梨県に跨っています。
主峰赤岳(2899m)は頂上で県境になっています。
気温が上昇してくる3月から4月の季節が登りやすく、そして綺麗です。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

アメリカザリガニ

2008.08.21 04:49  投稿者:ootaminoru

農業水路に赤くて大きなアメリカザリガニがいました。
中央市では最近珍しいです。
メダカももう何年も見たことがありません。
田圃は出穂期で稲の花が咲いています。
純粋培養のように稲だけが青々として繁茂しています。
これで良いのかなー。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

甲府市卸売り市場の衰退?

2008.08.19 19:45  投稿者:ootaminoru

食料品の素材を扱っている甲府市中央卸売り市場の売り上げが下がり続けているようです。特に魚介類部門が著しいらしい。

一つには魚離れに加えて大型スーパーの進出で流通経路が変わって来ました。即ち各港の漁協や隣接する卸売市場から大型スーパーは直接仕入れて山梨県の卸売市場を通さなくなってきた事です。小売が水揚げする漁港の市場から仕入れるシステムに変わって来ました。
卸売り流通経路が山梨県から排除の方向に進んでいるように思います。将来的にそれがどのような影響を市民社会に与えるのか知りたい所です。


コンピューターグラフィックで描いたカツオです。


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:甲州人のひとり言

身延線東花輪駅に二度目の雪が降る

2008.08.18 17:59  投稿者:ootaminoru

今年は二回しか雪が降らなかった。
雪の日は極めて珍しい非日常の景色となります。

私の住む中央市は人口3万500人ですが、その内7㌫が外国籍の市民です。
その多くは中南米のブラジル、ペルー人です。
異国での雪景色をどのような感慨で眺めているだろうか。

雪の降る季節、雪景色、これも豪雪地帯では観光資源になりそうだ。
最近、北海道のニセコにオーストラリア人が冬季沢山滞在するらしい。

何も無い中央市だけれども、中央市の玄関口、JR身延線の東花輪駅に雪の降る風景は行き交う人の人恋しさが深まり写真撮影としては大好きな場所です。

平成20年2月3日雪が降る。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

桃源郷

2008.08.18 14:46  投稿者:ootaminoru

甲府盆地の周辺部分は4月上旬、ピンク一色に染まります。
桜は公園等の公共域に植えられていますが桃は果実栽培用の純然たる農業としてであり、山梨県は一大産地です。
桃栽培の副産物みたいなものですが、何処にでも見られるものではない。
桃の風景は山梨県の掛け替えの無い景色だと思う。

毎年、桃が咲く頃、産地を花見に出かけるのを常としています。
写真は平成20年4月11日南アルプス市にて


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

甲府盆地からの富士山

2008.08.12 20:17  投稿者:ootaminoru

富士山は山梨県の偉大な財産です。
その富士山は富士吉田市や河口湖、山中湖などの富士五湖地方だけのものにして良いのでしょうか。それでインパウンド観光の将来が開けるのでしょうか?

富士山の写真を見ると甲府盆地からのものは皆無に近いです。
即ち、甲府盆地内の山梨県人は朝に夕に、生活の一部分に富士山と暮らしていません。

この写真は釜無川の右岸、南アルプス市の旧若草町の釜無川の土手付近から撮影したものです。平成17年12月6日の日没寸前の時刻です。
御坂山塊越しに最後の夕焼けに染まる富士山です。
このように甲府盆地からの富士山をテーマにした写真展を開催し、県民全体の富士山を取り戻す事が必要だと思います。

山梨県人の全員が富士山を思う心が富士山に付いての「おもてなしの心」に繫がると思う。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

街づくり

2008.08.12 17:57  投稿者:oortaminoru

「観光資源」とはそこに住んでいる人間にとって誇り高く素晴らしい街や風土や歴史、文化、景観等があって始めて成立するのでしょう。
特に人間及び人間社会が、かもし出す歴史、文化は何よりの大切な要素だと思います。
「おもてなしの心」とは「相手の立場や心になり切れる心」を言うと思います。
うわべの外交辞令で観光客からお金を巻き上げる手段ではありません。相手の喜びを自分の喜びに出来る心であり、一体になる心が無くて何が「おもてなしの心」でしょうか。

甲府盆地の真ん中、釜無川と笛吹川の合流点、その中州の様な内股の州に出来た平地が私達の住む中央市です。
3年前に田富町と玉穂町と豊富村が合併して3万500人の小さな市です。

富士山があるわけではなく、八ヶ岳があるわけではなく、南アルプスもありません。過去、中世の時代の信玄堤建設以前は釜無川が蛇行して川の河原でした。江戸時代以降も何度も洪水に苛まれる地でした。明治以降も洪水と地方病に悩まされる地でした。
物質的にも文化やインフラの蓄積の薄い農村地帯でした。高度経済成長期以降...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

北島康介金メダル

2008.08.11 17:29  投稿者:ootaminoru

北京オリンピック3日目。
100㍍平泳ぎ優勝、北島康介。世界新記録。
職場からの帰宅途中にラジオで聞きました。
帰ってきてテレビで繰り返し繰り返し観ました。
テレビの画像を撮影しました。

柔道の内柴正人に続いて金メタル二つめです。
夫々、精神力の強さに圧倒されます。


女子マラソンの野口ミズキ肉離れで出場が危ぶまれていますが、、、、、、、、、、。こちらは心配です。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

高山植物その2

2008.08.11 12:46  投稿者:ootaminoru

高山植物の生い立ちと分布について

今から200万年前の第4期更新性前期から約1万年前の完新世初期までの間に少なくとも4回の氷期(氷河期)がありました。それ以前の2回の氷期を含めると北半球で合計6回の氷期があったとされています。
古い順にビーバー氷期、ドナウ氷期、ギユンツ氷期、ミンデル氷期、リス氷期、ウルム氷期と言います。この名前はドナウ川沿いの支流の川名を上流から順にとったものだそうです。
これ等の氷期の間には間氷期があり、温暖な気候で北半球の広い範囲でブナ属、コナラ属、カエデ属などの落葉広葉樹林に覆われていました。氷期に入ると寒くて枯死しその地域は絶滅し、あるいは南方の暖かい地域へと追いやられました。

氷期の氷河によって南下してきた氷河植物群(局地高山植物群)は北極から同心円状に広がり分布を広げて行った。その氷河植物が日本列島にもやって来て列島全体に繁茂していたと思われますが間氷期に入ると寒冷な高山だけに閉じ込められて周囲の麓や低山帯や低地には温暖な温帯植物が繁茂して大海の中の島のように取り囲...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

賀正の富士山御来光

2008.08.10 17:23  投稿者:ootaminoru

正月に富士山の頂上から御来光が見える場所は太陽と富士山を結ぶ直線の延長線上であれば何処でも見えるはずです。
しかし実際に見える場所は山梨県の二箇所だけです。

増穂の上高下(しもたかおり)と富士五湖の一つ、本栖湖の淵から立ち上がっている竜ヶ岳からです。

本栖湖畔のキャンプ場から1時間15分登りますと中腹の展望台に達します。その付近から撮影ポイントです。更に1時間登りますと頂上ですがその間は稲妻状に道が付けられていますのでひな壇状になっていて何処からでも撮影可能です。周囲は笹原で遮蔽物はありません。
この写真は平成18年12月31日の撮影です。やや薄雲が張り付いていましたので柔らかなご来光でした。
平成20年元旦撮影の写真はフォートコーナーに添付いましたので合わせて見て下さい。元旦前後5日間くらいは頂上から日の出だそうです。

登り1~2時間の労力で賀正の富士山御来光が体験できます。日本人も外国人観光客もこれに合わせた旅行プランの作製するのも有効かもしれません。体験ツアーの商品化に繫がるかと思う。
現在は日...


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

高山植物

2008.08.09 21:04  投稿者:ootaminoru

関東甲信越の凡そ2500㍍以上の高山には森林限界があって、それより高い場所には樹木としては潅木のミヤマハンノキや這い松が生育する高山帯に入ります。そこには潅木の間に草地が広がります。
高山植物の花が咲いています。
それは美しいものです。
これ等の高山植物の起源は氷河期(1万年以上前)に海面が最大140メートル位低下して、千島列島沿いにシベリアやカムチャッカと陸続きになっていて周北極植物が日本列島に南下してきたものです。

間氷期に当たる現在、周北極植物は日本列島では寒冷な高山に追い上げられてその部分だけに生息している訳です。
①コマクサ(ケシ科)
②クルマユリ(ユリ科)
③ミヤマクワガタ(ゴマノハグサ科)


>>続きを読む


コメント(3) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

身延線東花輪駅に雪が降る

2008.08.08 13:09  投稿者:太田稔

雪景色を唄った歌謡曲や絵画が多い。
その一端として雪は地上の塵や埃を消してくれる。

身延線の東花輪駅に降る雪を撮影しました。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

旧道の御坂峠

2008.08.07 13:20  投稿者:ootaminoru

鎌倉街道と言われる旧御坂峠は古の時代から昭和5年に天下茶屋の所に国道137号のトンネル(新御坂峠と称する)が掘られ開通するまでは人馬のみ通行可能な旧御坂峠を越えて往来しました。この峠が河口湖、富士吉田、山中湖への幹線ルートでしたし、甲斐の国から出て駿府や横浜や江戸へ出る一級の街道でした。
7月28日、御坂の藤野木から昔ながらの街道を歩いて峠まで行って来ました。御坂の最終の村落、藤野木からはもう人家はありません。峠に掛かる最終の人工物、神社に御参りして旅の安全を祈願しました。昔もここで祈願した事でしょう。
この道は幕末に上萩原から夜中、手に手を取って駆け落ちした樋口一葉の父の母の逃避行路でもありました。追っ手を巻く為にこの街道を選択しました。篭坂峠を越えて御殿場に出て横浜経由で江戸に落ち着きました。

旧御坂峠には1582年(天正10年)武田勝頼滅亡後、空白となった甲斐の国の争奪戦、北条と家康軍が戦った黒駒の戦いの北条方の砦が御坂城址として今日まで保存状態が極めて残っています。

御坂峠道は森林の中を...


>>続きを読む


コメント(1) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

雪の甲府城

2008.08.06 21:21  投稿者:ootaminoru

平成20年2月10日甲府盆地に雪が降った。
そんな時、何処を撮影しに行くか予め考えています。
四季折々の甲府城を撮って来ましたが雪の日の甲府城は格別でした。
最近山梨県甲府盆地に雪が殆ど降りません。
もっと降って欲しいのですが残念です。


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

釜無川浅原橋からの八ヶ岳

2008.08.06 21:10  投稿者:ootaminoru

八ヶ岳の最も美しい季節は冬です。

そしてアプローチが短いので冬でも登りやすい。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

山梨デスネーションキャンペイン

2008.08.06 17:48  

今年の春、デスネーションキャンペーンが全国のJRで行なわれた。
4月3日甲府城の桜満開の下をキャンペーンの蒸気機関車の列車が塩山~甲府間を走りました。
甲府城御案内仕隊として出勤の日に汽車の写真を撮りました。
甲府駅をSLが走ったのは40年ぶりとか言っていました。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

山梨の宝

2008.08.06 17:13  投稿者:ootaminoru

山梨県を代表する山は富士山と北岳だと思います。
どうした事か北岳は知名度が低い。
北岳の特徴は高山植物が豊富なことですが極めつけはキタダケソウが生えていることです。北海道の日高山脈のアポイ岳に近縁種のヒダカソウがあるだけで日本固有種です。
それと北岳には大樺沢雪渓があります。
8月になっても雪渓を踏んで登ることが出来ます。

この北岳を含む南アルプス山岳を観光資源として活躍させたら有効なのになと思う。
南アルプスの水だけが南アルプスの恵みではないと思う。
しかしながら山梨県は水に恵まれていてこの水についても重要な資源である事には変わりがありません。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

▲Page Top