TOP > ブログ一覧 > 山梨の山 > ワイン・フルーツ

山梨の山

登山と山と高山植物

プロフィール

山梨県は山国です。
たくさん山に登ってきました。
その魅力は知る人ぞ知る宝です。しかし県内者を含めて知られていません。これからも自然の発掘に勤めます。ブログ初めてです。どうぞ宜しくお願いします。

ブログ内検索

カレンダー

<< 201802  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

本丸の柿は渋柿だった

2008.12.12 09:27  投稿者:ootaminoru

甲府城の本丸に柿が実っています。

何を言いたいのか、書きたいのか自分でも解からないで書き始めました。
強いてと言えば柿の原産地は日本ではない。
実生の柿は渋柿です。

大きな樹ではなく、場所も謝恩塔の傍に柿の木があります。
明治時代に山梨県を襲った洪水は田畑を流し多くの被災民をつくりました。
洪水の原因は盗伐で再発防止の為に宮内庁御用林を無償で県に払い下げていただきました。以後自分達で植林をしてして管理して山を守れとの仰せでした。
明治天皇に対して県知事が謝恩碑塔を建てて感謝の意を表したその石垣の足元にくっついて一本の柿が生えています。

現在、梢で熟し、幾つかは鳥の餌となり実が破られて、幾つかは根元に落下しています。

今時、柿を盗む人はいない。晩秋から餌のなくなるお正月頃以降も数を減らしながら寒空にぶら下っているのが恒例です。

種からの実生の柿は99.9㌫が渋柿だと言われています。逆に甘柿は突然変異で渋柿の中から生まれたもので、その甘柿の種を播くと実生苗からの実は渋柿だそうです。

甘柿は1214年神奈川県川崎市の王...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

ヤマナシ三考

2008.12.02 20:09  投稿者:ootaminoru

甲府城のヤマナシの葉が落ちました。
寒空にヤマナシの実がぶら下っています。

峡中(甲州)八珍菓として江戸時代に甲斐の国の代表的な果物を総称して八珍菓が出てきます。
その内訳は
葡萄、梨、桃、柿、栗、林檎、石榴、ギンナン(叉はクルミ?)

甲斐そう記(嘉永元年=1848年)大森快庵著に出てきますが、この梨は青梨にはかなわないと記されているそうです。
即ち、山梨県で栽培された梨は表皮の茶色い通称赤梨であったことが判ります。

赤梨はヤマナシ系から改良された梨の品種です。

ヤマナシは甲府城の梨です。ヤマナシは直径3cmから8cmくらいの大きさだそうですから、栽培の過程で果実の大きさにも変化が出て来ていろんな品種に分かれたものと思います。
ヤマナシの野生種は果肉が硬く味もすっぱいそうです。
ヤマナシの野生種は人里近くにしか自生していない事から本来は日本になかった種が栽培されて広まったのではないかと考えられるそうです。
そうしますと原産地は中国になります。
明治時代に入って長十郎などの品種が生まれたそうです。
最近では二十世紀...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

甲府城の紅葉(その3 山梨のやまなし)

2008.11.12 12:08  投稿者:ootaminoru

山梨のヤマナシが黄葉しました。未だ果実はしっかりくっ付いています。

甲府城稲荷曲輪からの富士山です。頭が白くなっています。

甲府城の本丸の柿です。実生の柿が生えて大きくなったものでしょう。
誰も採ろうとしません。その内、熟したら鳥類の餌になります。


どうです甲府城の秋も結構バリエーションがあって風情があるでしょう。
高い高い、たかーい だけではありません。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

再山梨(ヤマナシ)考

2008.10.30 11:40  投稿者:00taminoru

甲府城稲荷曲輪の「ヤマナシ」について

インタープリターさんありがとう御座います。ワザワザ甲府城まで出向いていただいて。
やはり、この「ヤマナシ」は日本古来の在来種の梨だと確認されました。
インタープリターさんの家の近くにも同じ果実の実る樹木が野生種としてあるそうです。
甲府城の樹に表示されている名札の通りでした。
但し、江戸時代から山梨の八珍果として「アオナシ」が含まれていますが、そのアオナシはヤマナシなのかどうかはまだ解りません。
インタープリターさんも今ひとつ納得しておられないようです。

この果実の色から考察して長十郎という品種がありました。
色がとてもよく似ています。恐らく此のヤマナシからの改良品種ではなかろうかと推測します。


>>続きを読む


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

私に合うワイン見つけた

2008.10.26 05:16  投稿者:ootaminoru

ワインを含む食品の好みはその人の感性だと思う。

アルコールに疎遠で弱い私ですが、四本の試飲のうち二本は私が美味しいと思った。

それは「古酒甲州」@3500円と「ソラリス.信濃リースリング.クリオ.エクストラクション」@3500円です。

買って帰って家庭で飲むには価格的に高いので恐らく手が出ないだろう。
しかし、知人や親類が来た時のホームパーテー等の企画には使えるし、招かれてワインを飲む場では充分選択の範囲に入るものだ。
後はワインを飲む場を多く持つような生活の仕方や社会的な環境を作って行くことだと思う。叉ワインの製造方法とその製品品質特性及びバラエテーは今後、内外の人へのワインのおもてなしに役立つだろう。
自信をもってワインをお薦め出来るし、ワインを飲む場の設定に役立つであろう。

マンズワインの専務松本様から和食ワインリストを試飲を含めて伺った。
その前段の話として世界のブドウの分布は北緯30度から50度の範囲、南緯30度から40度が適作地であり、その範囲にほぼ現在のブドウ栽培及びワイン製造が行なわれている事を...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

コース4山梨ワイン野外研修

2008.10.25 21:55  投稿者:ootaminoru

ワインについて沢山の新しい知識を得ることが出来ました。

それから夫々の分野で地道に情熱的に取り組むワインにかける思いを知りました。
ありがとう御座いました。
楽しかった。面白かった。美味しかった。

ワインの前途の繁栄に乾杯。そして山梨県のインバウンド観光に新しい光が射し込みますように。

お昼は生ワインとビーフの焼肉コースでした。ぶどう棚の下で楽しいお食事会でした。

これで野外研修二つ消化しました。
インバウンド観光の商品化に向けて、更に自分がスキルアップしてこの分野に何らかの座る椅子を見つけ出せるか否かを考えると根無し草の虚無感がそこはかなく感じます。
せめてこの研修生の中からこの業界に飛び込む人の何らかの応援者でありたいと思ったりします。
後期の座学が始まりましたがなかなか実践に打って出るには多難なようです。その暗中模索はオリジナリテーの欠如です。

例えば現在、山梨のワインの将来を甲州種ワインに掛けて地域社会もワイナリーも行政も取り組んでいます。
世界のワイン業界からそして自由化の国内のワイン業界の価格競争...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(2) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

信州松本平、安曇野のリンゴ

2008.10.22 20:27  投稿者:ootaminoru

信州の秋の風景にはリンゴがあります。

10月16日信州松本から安房トンネルを抜けて飛騨に出て神通川に沿って下り日本海の富山市へ1泊2日で行って来ました。
ワザワザ塩尻で中央道を降りてサラダ街道という農道を走りました。
高原野菜とりんご園の街道です。

山梨県がインバウンド観光の取組みに頑張り始めましたが、お隣の長野県も頑張っています。
勿論、長野県と連携して広域でインバウンド観光の活性化に努める事も大切です。
しかし、例えばの話しですが、風林火山に沸いた昨年の山梨の観光は東京を含む関東を基点に恵林寺で見学して武田神社叉は駅前の風林火山博に立ち寄りそのまま諏訪へ行って昼御飯。更に午後は松本へ移動して国宝松本城見学。宿泊は美ヶ原の浅間温泉や諏訪の温泉。
翌日は長野市の善光寺を見学して川中島の古戦場跡、海津城、小諸城を見学して帰途に着く。
逆コースでは上山田温泉が有力な宿泊地だった。
殆ど山梨県は素通りだったそうです。
だって甲府市内にはバス単位で入るドライブインもなければ駐車場もないのですから、食事のしょうがあり...


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

甲州種葡萄

2008.09.24 12:05  投稿者:ootaminoru

写真1 甲州種葡萄
9月13日市川大門、平塩岡の平塩寺跡から甲斐源氏旧跡に移動する間に甲州種葡萄を栽培する果樹園が一区画ありました。
今秋初めてのご対面です。
あいにく暗い曇りで太陽光線が弱く甲州種の淡い色彩の再現が危ぶまれました。
それでも一番道路よりのものは色が出るだろうとシャッターを切りました。この甲州種葡萄のルーツは幾つかの説があります。

①平安時代末期に雨宮勘解由が野生状態の甲州葡萄を見つけ出し栽培を始めた。
②0000が山から山葡萄の枝変わりを見つけてその種子だか枝を植えた。

③甲州種葡萄のDNA鑑定をカルフォルニア大学デビス校のファンデーション、プラント、サービスに依頼した。
2004年6月依頼、同年6月25日回答。
それに依りますと甲州種はヨーロッパ方面を起源とするブイライス、ブイニフェラ種系統に属するが純粋では無いことが分った。
今までブイニフェラ品種だろうと学識経験者の間で信じられていた甲州種はヨーロッパからシルクロードを経て中国経由で日本に伝来したと考えてきましたが、何処かの時点で別な...


>>続きを読む


この場所を地図から探す


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

ぶどう狩り

2008.09.08 20:50  投稿者:ootaminoru

群馬県から息子夫婦と2歳になる孫が来たのでインターネットで調べて一宮の観光ぶどう園に繰り出した。
スーパーでお金を出して買う無機的な取引の場の食材とは違って果樹園で生まれ育ったブドウはまさに生き物の味だった。
頭の上に房になったブドウを挟みで採りながら食する味は一味も二味も美味しかった。
観光資源として素晴らしい。

ぶどう園の外の雑草の中にブルーの宝石があった。
改めて自然の恵みを感じた。


>>続きを読む


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:ワイン・フルーツ

▲Page Top