TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 厄除け地蔵尊祭り・続篇

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

厄除け地蔵尊祭り・続篇

2017.02.16 17:09  投稿者:ぶどうおばさん

厄除け地蔵尊のおられる塩沢寺は、甲府市の湯村温泉郷にあります。

今から約1200年前、弘法大師が厄除け地蔵を訪ねられた折り、道路の真ん中に大きな石があり旅人が通行に難儀しているのを見て杖で石を寄せたところ温泉が湧き出した、それが湯村温泉郷の始まりと言われます。
湯村温泉は「信玄の隠し湯」としても知られています。


弘法湯
 湯村温泉郷の中でも老舗。湯質は弱食塩泉。
 効能は神経痛・筋肉痛・疲労回復・関節のこわばり・慢性消化器病 等。

旅館明治 
 昭和の文豪太宰治が泊まった宿。昭和17・18年に逗留し「正義と微笑」
 「右大臣実朝」の二作を執筆したと言われます。
  


  (1枚目の写真 塩沢寺に続く参道の屋台)
  (2枚目の写真 弘法湯)
  (3枚目の写真 太宰逗留の宿 明治)

        2017年2月14日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top