TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 厄除け地蔵尊祭り

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

厄除け地蔵尊祭り

2017.02.16 16:23  投稿者:ぶどうおばさん

「厄地蔵さん」の名で知られる甲府市湯村温泉郷にある塩沢寺の厄除地蔵尊大祭が行われました。

塩沢寺(えんたくじ)は808年に空海が開山し鎌倉時代には蘭渓道隆が中興開山となり、武田氏から厚遇を受けた真言宗の寺です。
2体のご本尊のうち1体は秘仏ですが、地蔵堂(国指定重要文化財)に安置されている開扉仏の石造地蔵菩薩像(県指定文化財)は毎年2月13日正午~14日正午までの24時間だけ耳を開き善男善女の願いを聞き入れ厄難を逃れさせてくれると言い伝えられています。特に厄年の男女がお参りして年の数だけ団子や一円玉をお供えすると、厄を除けると言われ毎年賑います。
入口右手の「舞鶴のまつ」は県指定天然記念物です。
13日は天気も良く昼から夜まで参拝客が列を連ねお参りしていたようです。

14日は朝早くから人々が訪れ、本尊の右手につながっている紅白の綱を揺らして鈴を鳴らし熱心に参拝しておられます。
折しも天気は快晴。屋台も通りの両側に長く続いてにぎわいを見せています。
寺側は5万人の人出を見込んでいるそうです。


  (1枚目の写真 厄除け地蔵尊で知られる塩沢寺)
  (2枚目の写真 地蔵堂への石段)
  (3枚目の写真 地蔵堂
             石造地蔵菩薩像が安置される。
             人々は御像とつながっている綱を揺らし参拝します)

         2017年2月14日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top