TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 甘草屋敷の雛祭り

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201705  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甘草屋敷の雛祭り

2016.02.29 09:41  投稿者:ぶどうおばさん

  「甲州市えんざん桃源郷
      ひな飾りと桃の花まつり」 
          平成28年2月11日~4月18日(期間中無休) が

甘草屋敷(重要文化財旧高野家住宅)を主会場として開催されています。
主屋には段飾り・御殿飾り・つるし飾りのお雛様約千体が部屋一杯に展示されています。
江戸時代の享保雛は男雛女雛ともに貝殻の粉を塗った白いつやつやのお顔・描かれた髪・
綿入りのふっくらした衣装を身に着け高貴な雰囲気で座しておられます。五楽人も江戸時代の作との事で、楽器は失われているものの色あせた衣装は破損も少なく重厚さを醸しています。
段飾りの数多い調度品も美しく、男雛女雛だけの内裏雛、高砂や神功皇后や浦島太郎などの単独のお雛様、御所人形、押絵雛もあり見飽きない展示です。
観光バスも多く、時には怒涛のような人混みです。


高野家は江戸時代に幕府の命で薬用植物の甘草を栽培し幕府に納めていたため住宅は「甘草屋敷」と呼ばれるようになりました。
現在も薬草園で甘草(マメ科)が栽培されています。

    (1枚目の写真 内裏雛
              最上段に享保時代の男雛女雛)
    (2枚目の写真 五楽人)
    (3枚目の写真 会場全景)
                 平成28年2月26日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top