TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 初詣 護国神社

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201801  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

初詣 護国神社

2016.01.01 21:29  投稿者:ぶどうおばさん

初詣に護国神社を訪れました。
県内では、武田神社・身曾岐神社・北口本宮冨士浅間神社・金桜神社・身延山久遠寺・甲斐善光寺・恵林寺等が参拝者が多い寺社ですが、護国神社に久々に参詣しました。

護国神社は山梨県出身の戦没者を祀る神社で、明治十二年創建され昭和十九年に護国神社と改称し現在の場所(武田神社の南東)に遷座されたそうです。


元日は御神酒や甘酒がふるまわれ、鏡味仙三・仙花さんによる夫婦太神楽(めおとだいかぐら)、餅つきと餅の配布、右左口竹の会による演奏というイベントが午後に続けて行われ人出は次第に増えて賑やかになりました。
晴天で穏やかな正月です。


  (1枚目の写真 護国神社本殿)
  (2枚目の写真 舞殿で披露された夫婦太神楽
            鏡味仙三(かがみせんざ)さん仙花さんご夫婦による
            曲芸。太神楽は神社を祭る舞楽から生じ舞台芸能に変
            化したものといわれ、曲芸ではかさ回しや6本の撥の
            投げ上げや棒の先に物を積み上げてゆくもの等があり
            ます。笠の上で輪を回す曲芸をしておられるのが仙三
            さんで、仙花さんの軽妙な解説は観客席を終始笑いに
            包みます)  
  (3枚目の写真 餅つき
            参拝した小さいお子さんが餅つきを体験しています)
               2016年1月1日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top