TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 名木ツアー 4

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201801  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

名木ツアー 4

2015.11.01 13:34  投稿者:ぶどうおばさん

「巨樹名木学習講座」第5回は、山梨市と甲州市の名木を訪れるツアーです。


 北のクスノキ  山梨市北 市指定天然記念物
    辺りの景色の中にひときわ高く抜きん出てそびえるクスノキの大樹は、
    南樹と北樹の2本が個人のお宅の庭にあります。
    クスノキは温暖な地方によく育つそうで、山梨はクスノキの北限と言
    われます。樹齢300年余りというこちらのクスノキは南樹が約18m
    北樹が約16mの高さで枝は四方に伸び葉も青々と茂り、北限でありな
    がら樹勢は良好で見事です。
    クスノキは樟脳(防虫剤)の原料として使われる植物で、葉をこすり合
    わせると樟脳の香りがするそうですが、木の下に立つだけでは香りは感
    じません。 防虫剤になるクスノキを食害する虫もまたいるとお聞きし
    少し驚きました。


 小原東のザクロ  山梨市小原東  県指定天然記念物
    幹の太さ・樹勢からみて県内のザクロの巨樹として代表的なものだそう
    ですが、現状は主幹が根元から裂けており幹の一部は空洞化しているよ
    うです。
    裂けた幹から直立して伸びた若枝は樹勢良く大きなザクロの実を付けて
    います。他の箇所でも枝から出て来た根を育てるために水ゴケと培養土
    を詰めた竹筒を密着させて置く手当をしたり、ひこばえを育てたりして
    おられます。根の周囲には空気取り用の竹筒が土中に埋めてあり、肥沃
    な土壌を好むザクロのために牛糞・鶏糞を与えているそうです。


 八坂神社のエドヒガン  甲州市塩山 八坂神社  市指定天然記念物
    樹高10m程のエドヒガン(さくら)で、枝の枯れが目立ち絡みついた
    ツタも伸び放題といったところです。正直今まで拝見して来た樹の中で
    最も状態が悪く痛々しく見えますが、樹木医の先生のお話では冬芽があ
    るので枯れているわけではないとの事です。樹勢回復のためには、まず
    土壌改良が必要で病害虫による早めの落葉には消毒が必要とのことでし
    た。サクラは切った切り口から細菌が入るそうでテングス病にかかると
    広がり易く根絶が難しいそうです。
    花は今年少し咲いたとのことなので、元気を盛り返し来年以降も美しい
    桜の花をたくさん見せてくれることを期待します。


今回の観木ツアーは、痛々しくも命をつないでいる樹のほうが多かったので、自然の摂理と人間の管理の関わり合いの難しさを考えさせられました。
同時に、健全に生きていることは多くの幸運が重なった結果なのだと改めて思いました。

    (1枚目の写真 北のクスノキ)
    (2枚目の写真 小原東のザクロ)
    (3枚目の写真 八坂神社のエドヒガン)
                  2015年10月24日撮影
    
    


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top