TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 盛況!問屋場展

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201810  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

盛況!問屋場展

2015.10.30 18:56  投稿者:ぶどうおばさん

南アルプス市の古民家で「問屋場展」が今日から開かれています。
2年に一度の頻度で絵画や陶芸の作家3人が作品を発表しておられる合同展です。


絵画は花や猫をモチーフに多くの色合いで描かれ、その微妙な調和からは幸福感や優しさが伝わって来ます。

陶芸のお2人は、皿やカップや湯呑みを始め花瓶や壷・とっくり・香炉など様々なものを作っておられます。気取った作品ではなく、日常に使えそうなもの・使って心地よい手触りや形のものを念頭に置いて制作しておられるようで、来場者は手に取って確かめ次々に買い求めています。



今日は初日ですが、来場者は次第に増え会場が一杯になる程です。作品を購入したいというお客様は多く、会場の熱気は一日目にしてマックスです。明日からの展示内容は再考して補充しなくてはならないだろう程の売れ行きです。 庭も美しく落ち着いたたたずまいの古民家という居心地の良い空間で、気分を和ませてくれる作品に囲まれて誰もがつい長居をしたくなる魅力的な作品展です。


会場の問屋場跡は、駿信往還の荊沢宿(ばらざわじゅく)で問屋(人や馬を用意しておいて次の宿場まで運ぶ継立 ”つぎたて” を行う宿場の最高責任者)をしていた方の子孫で医師をしておられる志村さんのお宅です。

志村さんのお宅の倉庫からは江戸時代の富士吉田市内の絵図が発見されているそうで、その絵図は当時の上吉田村の様子が描かれた貴重な資料との事です。それは富士吉田市歴史民俗博物館で公開展示された事もあるそうです。


     「問屋場展」
        日時  2015年10月30日(金)~11月4日(水)
             午前10時~午後5時 、 無休
                ※最終日は午後3時まで
        場所  南アルプス市  志村邸
        出品者   絵画  佐野 美代子
                陶芸  北村 加枝
                陶芸  三井 栄二
                             敬称略

 ▶写真は全て開場前に撮らせて頂いたものです。
   (1枚目の写真  陶芸
              手前は三井さんの作品)
   (2枚目の写真  絵画
              佐野さんの水彩画)
   (3枚目の写真  陶芸
              北村さんの作品)
       
                 2015年10月30日撮影

    
      


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top