TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 名木ツアー 2

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201808  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

名木ツアー 2

2015.07.05 15:52  投稿者:ぶどうおばさん

「巨樹名木学習講座」第3回は、富士河口湖町のスギと藤を見に行きました。



 精進の大スギ  (富士河口湖町 国指定天然記念物)
    諏訪神社にある県下一のスギの大木です。
    樹高は40m以上で主幹は損傷なく天に伸び枝は四方に広がり生気溢れ
    て見えます。樹齢約800年、目通り幹囲は10mとのことです。
    雨に濡れた葉は黄緑から深緑まで様々な味わいの色を見せてくれます。
    これまでこの講座で拝見した巨木は主幹が落雷や台風で折れたものも多
    かったのですが、この大スギは主幹の先端に行くに従って美しい円錐形
    を描く木本来の形で生き続けている希少な木です。
    参拝する人々が歩く地面の下まで根は広がっているので、土が踏み固め
    られることは木にとっては余り好ましくはないけれど参拝者の数がそれ
    程多くないので根元の一部に亀裂はあるものの木はほぼ良い状態に保た
    れているとのお話でした。
    県内でも数少ない国指定の天然記念物です。


 諏訪神社の大杉 (富士河口湖町 町指定天然記念物)
    上記のスギと同じ神社の境内、社殿の前にあります。
    「精進の大スギ」の量感は人目を引きますが「諏訪神社の大杉」は樹高
    が38mで下枝が掃われたスッキリした全容で、隣のウラジロモミの巨
    木とペアで堂々とした姿を見せています。


 藤の木    (富士河口湖町 町指定天然記念物)
    冨士御室浅間神社のいくつもの社殿を抜け道路沿いに進むと、溶岩上に
    生えている藤の木があります。樹齢百年余りと言われるノダフジです。
    木は更新され現在は数本の若木から成っているようです。
    剪定・除草がしてないため主幹の根元は見えませんが、下は土ではなく
    ゴツゴツした溶岩のようです。実はなっておらず、おそらく花はほとん
    ど咲かなかったのではないかということです。
    棚に這わせた枝は30㎡くらいは有りそうなので、小輪で多花という
    このノダフジが咲いたらさぞ見事だろうと思いました。

       (1枚目の写真 精進の大スギ)
       (2枚目の写真 諏訪神社の大杉
                 後ろは社殿
                 左側の大きい木はウラジロモミ)
       (3枚目の写真 藤の木
                 冨士御室浅間神社の境内)
                     2015年7月4日撮影
    
    


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top