TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 名木ツアー 1

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201808  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

名木ツアー 1

2015.06.14 22:28  投稿者:ぶどうおばさん

平成27年度「巨樹名木学習講座」が始まりました。
県内の巨樹や名木など県の名木百選も含めて訪れる計8回の講座です。
第1回は身延町のケヤキとサクラを観ました。


  大聖寺のケヤキ   (身延町 町指定天然記念物)
     石段の下に立つこの木には根から頂部まで続く空洞があります。
     落雷により裂けたとも言われ内部に黒い部分も残っています。裂けた
     根の一部は枯れています。すぐ横が道路なので根は寺の境内に向って
     板状の形で伸びています。根が板状に盛り上がるのは土中の酸素不足
     から来るものとのことで、幹や根のすさまじい形状は人目を引きます。
     主幹は地上12m程で失われ、新しく伸びた枝が40年ほど経た現在
     主幹となっています。


  八幡神社のケヤキ   (身延町 町指定天然記念物)
     樹高30m、樹齢300~400年のケヤキです。主幹は昭和62年
     の突風で失われています。太く張った根は拝殿の下にも達していそう
     で枝張15mとのことで葉は密に茂っています。


  鏡円坊のサクラ    (身延町 県指定天然記念物)
     イトザクラの巨樹として県内2番目の大きさです。
     地上1、5mで4幹に分かれ樹高約13mです。樹勢が良いので毎年
     淡紅色のしだれ桜が見られるそうです。この寺には他にも桜の巨木が
     数本あるので、身延山久遠寺の桜を見に来た人達が立ち寄る事も多い
     ようです。

       (1枚目の写真 大聖寺のケヤキ)
       (2枚目の写真 八幡神社のケヤキ)
       (3枚目の写真 鏡円坊のサクラ)
                 2015年6月13日撮影
     


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top