TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > ワイン講演&試飲

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201810  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

ワイン講演&試飲

2015.03.22 16:10  投稿者:ぶどうおばさん

「甲府のワインと文化を味わう会」が今日開催されました。
これは産学官民からなる組織『甲府市中心市街地ストリート再生チーム』が主催したもので、講演は甲府市役所にて試飲試食はオリオンスクエアにて行われました。

「甲府のワイン文化・歴史」について(株)サドヤ顧問の萩原氏が講演された後、試食品を提供なさった店舗から料理とワインについてのアドバイスがありました。



   肉には赤ワイン、魚には白ワインなどの固定観念にとらわれなくて良い。
   個性的なワインには個性的なチーズを、優しいワインには優しいチーズ
   を、白い肉には白ワインを、赤い肉には赤ワインを、甘味・酸味・ほろ苦
   味等の味わいが共通するワインとチーズを、
              など組み合わせは自由にというお話でした。


試飲には市内の4つのワイナリー(サドヤ、木下商事(シャトー酒折)、甲府ワインポート(ドメーヌQ)、信玄ワイン)のコーナーでそれぞれ3種以上のワインが振る舞われました。
試食品はメゾン ド ルージュから、キッシュ・ミートローフ・味噌グリル
       ボンマルシェから、4種のチーズ 
が提供され、参加者は皆さん楽しく味わっておられる様子でした。


この催しは、山梨にいつ葡萄栽培が伝えられどのようにワイン醸造が始まり、失敗と努力を繰り返し今日国際的な評価を得て最近は甲州種のワインが注目されている等、山梨のワインの歴史や現状について広く人々に知って貰うと共に山梨のワインを飲んで味わって親しんで頂きたいという願いが込められているようです。
中心市街地の活性化への道とは直接的な繋がりが見えないにしても、出来る事は何でも試そうという主催者側の熱意と御努力は充分体感させて頂きました。


    (1枚目の写真 赤・白・ロゼなど自由に試飲)
    (2枚目の写真 チーズの盛り合わせ)
    (3枚目の写真 各自取り分けた皿)
                2015年3月22日撮影   


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top