TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > カイコと繭

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201804  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

カイコと繭

2014.10.05 15:57  投稿者:ぶどうおばさん

長ナス収穫体験ツアーで訪れた豊富郷土資料館での季節展示について少し紹介したいと思います。
蚕の飼料となる桑の葉が生育する夏から秋のシーズナルな展示と思われますが、蚕と繭の実物が展示されていました。マユから糸を紡ぐ器具やその実演コーナーもありました。蚕の実物を見る機会は今はほとんどありませんが養蚕農家は蚕を「おぼこさん」と”さん”付けにして呼び大切に育てていたそうです。


  (1枚目の写真 蚕
           5齢の幼虫。卵から出て来た時は3mm。脱皮を4回
           して5齢に。まもなくマユを作りはじめる。桑の葉では
           なく桑の葉を混ぜた人工飼料で育てている。 中央市は
           かつて養蚕が盛んな地域でしたが現在は少なく養蚕農家
           は山梨県内でも15軒ほどとの事)
  (2枚目の写真 繭
           マユを作る入れ物は改良され”まぶし”という紙製の枠
           になっています。1個のマユから取れる絹糸は1500
           mの長さだそうです。マユ2600個で1反の絹布が作
           られるとの事です)

              2014年10月4日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top