TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 長ナス収穫ツアー

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201810  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

長ナス収穫ツアー

2014.10.05 14:45  投稿者:ぶどうおばさん

農家のお母さんに同行して頂きいくつか体験をしようという日帰りツアーに参加しました。これはやまなし観光推進機構主催のモニターツアーとして行われたもので、長ナスの収穫やおざら作りを体験します。

  
  甲府駅
    ↓
  道の駅とよとみ
    ↓
  おざら作り体験
    ↓
  秋長ナス収穫体験
    ↓
  中央市立豊冨郷土資料館
    ↓
  甲府駅


おざら作り体験
   つゆ(人参・玉ねぎ・シイタケ・油揚げの具だくさん汁)、揚げなす・カ
   ボチャの南蛮漬け、ほうれん草のツナごまあえ、やはたいものサラダ、ぬ
   か漬けという豊富なメニューは地元の方が手作りで用意して下さっていた
   のでツアー参加者は麺を作る(粉をこねて切ってゆでる)工程をしまし
   た。さっそく食事タイム。 野菜は全て地元産で色も鮮やかで味も良く、
   様々な調理法で野菜を楽しむ豊かさを学びました。
   


秋長ナス収穫体験
   中央市には多くのナス農家があり、そのうちの一軒の畑にお邪魔しまし
   た。四月に苗を植えたという長ナスは2mの高さのトンネルを作るまでに
   育ち、歩くと頭上にナスが鈴なりです。実を充実させるための芽かきや
   傷をつけないための葉の除去等の手入れをして来た、と農家のお母さんが
   説明して下さいます。消毒には規定がありあまり強くない殺虫剤を計画的
   に散布しているそうです。春に苗を植え付けた時には水やりが大変だった
   のでは?とお聞きすると、頻繁に水を与えるとナスが水は上から与えられ
   るものだと認識して地中に根を深く張らなくなるので水やりは初期に少な
   目に与えただけ、というお話でした。植物の特性を熟知しておられるお母
   さんに脱帽です。


豊富郷土資料館
   1階 郷土の衣食住に使用していた道具の展示
        明治~昭和の日常生活に使っていた道具(脱穀や縄作りの農具
        等・絞り機の付いていない洗濯機・白黒テレビ・消防の器具)
   2階 養蚕の歴史に関する展示
        蚕→繭→絹ができるまでの紹介
   1階特別コーナー
        蚕の実物、繭の実物、繭から糸をつむぐ糸繰り機の展示
   こちらの資料館は展示品の種類や量が驚くほど多いのですが整然と展示さ
   れていて見やすく、さらに館長さんの説明をお聞きして良く分かりました



行く先ざきで地元の方々が準備万端で待っていて下さり、心のこもるもてなしをして頂き感謝です。 観光地に行くのとはまた違った楽しさや充実感を味わいました。
参加者には県外の方もおられ興味深く見て廻られていました。
       

   (1枚目の写真 長ナスのトンネル
             収穫する人はこのトンネルの中を歩きます)
   (2枚目の写真 おざら
             野菜の作り手が調理した惣菜は野菜の旨味が
             いっぱい)
   (3枚目の写真 くわの葉ソフト
             4日発売の桑の葉のパウダーを練りこんだソフト
             クリーム。道の駅とよとみにて  ¥430)
                2014年10月4日撮影
  

  


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top