TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 台北街歩き

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201808  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

台北街歩き

2014.04.23 17:31  投稿者:ぶどうおばさん

市内の天后宮というところの祀りに偶然出合いました。大音響の太鼓と御囃子に合わせて龍が練り歩いたり3メートルほどの人型の人形が右に左に歩いたり紅白の獅子舞が踊ったりとカラフルで賑々しい行列を人々は通りに出て見守ります。
最後は宮の御本尊が宮に帰り着いて御囃子は祈りの声に変わりました。


龍山寺は老若男女の祈りの場で読経の声は途絶えることなく聞こえます。


西門町は若者の街で、原宿・渋谷のような街とのことなので訪れてみました。
MRTの西門駅を出ると古い赤レンガの八角形の建物が目につきます。西門紅楼と呼ばれる1908年に建てられた市場でこの建物付近には多くの路地が集中していてそれらの路地は店舗や屋台が密集しています。庶民的で雑然とした感じの通りや駅付近は確かに高校生や大学生はじめ若者でいっぱいです。通りには老舗の店もあれば若者の最新の流行を取り入れた一坪ほどの服飾店もあり雑多な雰囲気のなか衣・食の生活品はここで間に合いそうだと感じます。服飾の店の集まる通り・食事処の集まる通りなどあり、食事は安くて美味しいと聞きます。(食事は行きたい店とどうしても食べたい一品があったので中山駅で下車し日本人リピーターも多いというその店でとりました。ネットで印刷したクーポン券も使えました)


  (1枚目の写真 天后宮の祀り)
  (2枚目の写真 龍山寺
            敵の言葉を信じ殺された信義の武将関羽を祀る廟の前)
  (3枚目の写真 西門紅楼
            1963年からは映画館として使われ
            老朽化して2002年に再建築され
            2007年に現在の姿に。設計は日本人建築家。
            紅楼の百年を紹介するパネルや台湾人デザイナー
            のショップエリアがある)
                  2014年4月19~20日撮影
    
             


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top