TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 若田さんの色紙

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201704  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

若田さんの色紙

2013.11.09 08:26  投稿者:ぶどうおばさん

宇宙飛行士の若田光一さんが11月7日ソユーズで国際宇宙ステーションに到着され、6ヶ月という長期滞在を開始されました。
宇宙飛行4回目の若田さんは滞在後半には日本人初の船長として、宇宙での実験研究や天体観測をされるそうです。


NASAが国際宇宙ステーション計画で日本への参加要請をしたのが1982年で、日本が設計に着手したのが1985年と聞きます。今日までの間、宇宙開発事業団(NASDA)・宇宙科学研究所(ISAS)・航空宇宙技術研究所(NAL)が1つになりJAXA(宇宙航空研究開発機構)となって開発や研究が行われてきました。


国際宇宙ステーション内の日本実験棟「きぼう」は2008年~2009年に完成したそうです。船内実験室は長さ約11m、直径4.4mだそうです。
十数年前筑波のNASDAで目にした「きぼう」の実物大模型は、多くの機器がコンパクトな空間に埋め込まれている円筒状の造りで、いつの日か宇宙に浮かぶ姿を遠い未来として夢のように感じたのを記憶しています。



身延町なかとみ和紙の里「紙屋なかとみ」と「漉屋なかとみ」入口付近に若田光一さん直筆の書がありました。2009年に訪れられた時のものだそうです。
宇宙や科学を目指す少年少女にとって宇宙飛行士は憧れのひとつのようです。努力を重ね夢を実現し宇宙に飛び出して行かれた日本人宇宙飛行士の方々の姿は、夢を持つことの大事さを教えて下さいます。


  (1枚目の写真 若田光一さん直筆の書)
  (2枚目の写真 同じく色紙)
  (3枚目の写真 なかとみ和紙の里「味采庵」にあるサイン入り写真)
                2013年10月20日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

三椏の街路植え込み
From:山と川と土と人と
やまなし体験ツアー 2
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
竹炭アイス〜
From:富士川のんびり紀行

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:観光施設アミューズメント

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top