TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 元美術館、今貸ギャラリー

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201806  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

元美術館、今貸ギャラリー

2013.09.15 10:01  投稿者:ぶどうおばさん

南アルプス市には、白根桃源美術館と春仙美術館という市立の美術館があります。


白根桃源美術館は昭和56年に開館し、購入した作品や寄附された作品を展示しジャンルにとらわれない企画展をするなど、ローカル色を大事にした「普段着の美術館」を打ち出して来られました。近年、来館者の減少が目立ち今年の4月からは収蔵品の展示を止めて貸ギャラリーとして運営され始めました。美術愛好団体や一般個人の作品展の場として貸し出されています。9月7日~15日は南アルプス美術協会展が行われています。


春仙美術館は入館料を必要とする普通の美術館です。
南アルプス市出身の画家名取春仙の歌舞伎役者絵版画などの浮世絵版画を収蔵し常設展示しています。




白根桃源美術館にあった全ての収蔵品は春仙美術館に移されたそうですが、これらが一般に再び公開される予定は今のところ無いそうです。
私事で恐縮ですが、私は桃源美術館の収蔵品の中にのむら清六氏の絵があることをネットで知りそれを拝見しに行ったのですが(古い情報をうのみにした結果)貸ギャラリーになっている現状を目にした次第です。




南アルプス市には、県内最初の私立美術館として昭和49年にオープンした嘯月美術館がありましたが、2年前に訪れた時は既に閉館して久しい様子でした。勝海舟・与謝蕪村・狩野探幽・山岡鉄舟等の書や絵を所蔵している美術館でした。



こじんまりした和風庭園を付属している静謐なたたずまいのこうした小規模の美術館は経営的に難しいのかも知れませんが、拝見させて頂く側には収蔵品を目にする機会が無くなるのはとても残念に思います。

   (1枚目の写真 白根桃源美術館 門)
   (2枚目の写真 白根桃源美術館 本館)
   (3枚目の写真 春仙美術館)
             ※地図は春仙美術館です

                   2013年9月14日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top