TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 台北 街歩き

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201808  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

台北 街歩き

2013.05.17 19:34  投稿者:ぶどうおばさん

5月なかば、台湾台北に行って来ました。

円安の影響で日本からの観光客は減少しているかと思い現地ガイドさんに聞くと、それ程ではないとの返事でした。確かに一万円を両替して手にする元(げん)は去年より少額ですが、それなりの楽しみ方が出来るからでしょうか日本人をそこかしこで見かけます。



龍山寺を訪れると、人々の信仰の熱さにいつも圧倒されます。読経は絶えることなく響き、供えられる線香の煙でどの場面を撮った写真もかすんで写ります。ここはスピリチュアルなパワーというか特別な力を感じさせる場所で、国籍や民族の違いを越えて訴えかけてくるものを持っているようです。


台北101の5階展望台入口広場に、東京スカイツリーのマスコットキャラクターが来ていました。東京スカイツリーと台北101の、台日の観光促進のための友好関係の締結式というのがまさに行われていて、テレビカメラも数台取材をしていました。 2020年のオリンピック大会でレスリング競技が除外される懸念が高くなってから日本ではロビー活動の重要性がクローズアップされていますが、戦略的に良さや面白さを海外にアピールするのは何であれ好結果を生むのではないかと思います。
この日、89階の展望台は外が雨後でかすんでいて見通しは良くなく、91階の屋外展望通路も閉鎖されていました。


迪化街は台北最古の問屋街で、歴史ある老舗問屋が並び乾物・漢方・お茶・布が売られています。薬草、キノコ、木の実、サメのアゴなどの干物が所狭しと並べてあります。20世紀初頭は台湾随一の商業エリアだったそうで裕福な商人が建てたバロック建築が残るレトロな雰囲気の一帯です。人々の生活と歴史を思わせる味わいのある街です。旧正月には年越し用品を求める人々でごった返す場所だそうです。

  (1枚目の写真 龍山寺)
  (2枚目の写真 台北101で行われていた友好関係締結式)
  (3枚目の写真 迪化街)
             2013年5月13日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top