TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 甲府城跡の石垣

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201711  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

甲府城跡の石垣

2012.12.06 20:31  投稿者:ぶどうおばさん

甲府城跡は、平成2年~16年にかけて舞鶴城公園整備事業の一環として城内の整備や3つの門(稲荷曲輪門・鍛冶曲輪門・内松陰門)と1つの櫓(稲荷櫓)が復元されました。現在は鉄門の復元工事が進んでいます。


築城当時のものとして残るのは石垣と石切り場跡、家紋瓦などの出土品等です。
1600年に豊臣家が築城し、浅野家、徳川家、甲府勤番によって治められて来た甲府城に今も残る、400年の風雪に耐えた石垣は文化財としての価値も高く評価されています。



山梨の武将というと武田信玄が筆頭に浮かびますが、甲府城は信玄ゆかりの城ではありません。武田家は信虎(信玄の父)が甲府市北部に1519年に築いた躑躅ヶ崎館を本拠地としました。館の北は山、下には扇状地が広がり館からのメインストリートが真っすぐ南へ延びています。館は土塁や深い堀に囲まれた城のような堅固な造りで、もしもの時は北側にある要害山の山城に立てこもるようになっていました。信玄は1541年に信虎を追放したのち敷地を広め建物も増やし充実させました。碁盤の目状に走る道路は現在も城下町の跡を伝えています。江戸時代の軍学書「甲陽軍鑑」は信玄・勝頼二代の軍記と実録を編修したものと言われますが、その中に「人は城、人は石垣、人は堀、あだは敵なり」という文があります。”頼りになるのは人間で、人は城にも石垣にも匹敵する力を持つ”という意味と思われますが、どうやらこの部分は後世の人が付け加えたものという見方が有力のようです。信玄の時代には甲斐にはまだ石垣を持つ城郭建築は伝わっていなかったそうです。『武田節』の歌詞に慣れ親しんだ県民としては少し残念な気もしますが。
躑躅ヶ崎館跡には現在は武田神社が建っています。



  (1枚目の写真 天守台の石垣
           粗く割ったままで大きさを統一してない石を積んだ
           野面積み(のづらづみ)。築城当時のもの。
           角部は角石が井桁状に並べられる算木積み。
           石は城の北側にある愛宕山と同じ安山岩です。
           かつて天守台には天守が在ったようですが絵図や設計図
           は残っておらず1600年代の早い時期に豊臣から徳川
           の支配下に入った頃焼失したと考えられているようです)
           
  (2枚目の写真 本丸西の石垣
           四角く加工した石を積んだ打込み接(うちこみはぎ)。
           急いで完成させなくてはならなかった築城時に比べ時代
           が少し経過すると景観的な配慮がなされ、横目地を通す
           積み方になってきました) 
  (3枚目の写真 稲荷櫓の石垣
           粗く割った石で積み上げた野面積み。築城当時のもの。
           17メートルの石垣は珍しいそうです)
              2012年12月6日撮影
            


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

3月8日甲府城(あせび)
From:山と川と土と人と
3月8日甲府城(木蓮)
From:山と川と土と人と
稲荷曲輪カフェ
From:山と川と土と人と
甲府城の山梨豊作
From:山と川と土と人と
マリーゴールドの咲く甲府城
From:山と川と土と人と

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top