TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 富士山講座

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201809  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

富士山講座

2012.10.14 12:42  投稿者:ぶどうおばさん

富士山の世界遺産登録を目指そうという動きの只中、”富士山について詳しく知りましょう”という講座、観光講座2012『富士山 世界遺産登録へ』(全6回)が今年7~10月に山梨県立大学で県民を対象に開催されています。

富士山の誇るべき自然や文化の学術的価値について、各回毎に専門家のお話を聞く講座です。


10/6(土)第3回 富士山の誕生と富士五湖
               富士山の誕生と変遷
               富士五湖の誕生と変遷
               富士北麓の溶岩洞窟
10/13(土)第4回 富士山の芸術と文学
               富士山の絵画表現
               富士山と文学
               彫刻に表現された富士山信仰


3回目の講座では
    ●富士山はフィリピン海プレート・ユーラシアプレート・北米プレートの
     会合部にあり、東からもぐり込んでいる太平洋プレートも加わって
     合計4つのプレートと係っている
    ●富士山は10万年前にできていて、2000年前からは山腹での噴火
     だけで山頂からの噴火はなくなった
    ●過去約50回の噴火をし、宝永や貞観の噴火のように大きい噴火の数
     は少ない
    ●せの湖(うみ)と呼ばれた巨大な湖は、噴火の際の溶岩でせき止めら
     れ富士五湖になった(本栖湖は元々あったという説もある)
     五胡は一斉に誕生したのではなく別々にできた
    ●青木が原溶岩は貞観の噴火(平安時代)によりできた

漠然と知っているようでまるで知らなかった事に気付かされる事柄の数々がスライドや資料で
解説されとても興味深かったです。



4回目の講座では、富士山を描いた絵画や神社に祀られている神像が多く紹介されました。


10/20(土)第5回 富士山麓の地下水と富士五湖
               富士山地下水と富士五湖の水
               西湖に生息するクニマス
               富士五湖の漁業の歴史
講座は10/27 で終了です。

   写真は第4回の講座から
   (1枚目の写真 富士山の絵画表現 の講義)
   (2枚目の写真 彫刻に表現された富士山信仰
            富士山信仰に関わる尊像の中で最も古い2例のうちの
            1つ南アルプス市の寺にある木造浅間神像は、3人の
            女神が大日如来を支える像  平安時代のものといわ
            れている)
   (3枚目の写真 木造女神坐像、男神坐像
            女神は、このはなさくや姫と伝えられる
            女神はかぐや姫で両脇は養父母と見る人もいると
            いう1315年作の像
            忍野村忍草浅間神社所蔵)
             
               2012年10月13日撮影
 
     
         
          


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top