TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > ふるさと文化伝承館

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201810  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

ふるさと文化伝承館

2012.09.17 21:01  投稿者:ぶどうおばさん

中部横断自動車道の建設に先立つ試掘調査で、洪水に苦しめられてきた南アルプス市の低地部に十七箇所の遺跡があることが分かり平成2~12年にかけて県による発掘が行われました。
滝沢川の扇状地に多くの人々が暮らしていたことを示す各所からの出土品は、地元に造られた「ふるさと文化伝承館」に保存展示されています。


縄文時代の土器、弥生時代の土器や脱穀用の杵(きね)、古墳時代のムラの跡、平安時代の青銅製の和鏡や鉄製の矢じりそして牛馬の骨、戦国・江戸時代の寺院跡など、それぞれの遺跡から時代の異なる出土品が発掘され国の重要文化財に指定されたものも数多くあります。



特に、鋳物師屋(いもじや)遺跡から発掘された表面に土偶が貼り付いている大きな壺や高さ25㎝の円錐形土偶は、保存状態が良く約5000年前のものとは思えないほどモダンでシュールで強く印象に残ります。この2つは大英博物館他カナダやイタリアにも貸し出され展示されてきたそうです。(私が訪れたこの日も国内の美術館に出張しているとのことで、館内のものはレプリカでした)


展示されている土器は完全な形のものや丁寧に復元されたものがあり、1階と2階に時代で区分され展示されています。
これ程展示品が充実している場で入場が無料ということにも驚きました。
展示案内は訪問者の希望分数に応じて説明を工夫して下さる等、アットホームな雰囲気が漂っています。体験教室で土器作り・どんぐり染め・勾玉作り・火起こしなどを開催しているそうで、小笠原流の作法や組みひもの講習も行われているそうです。


   (1枚目の写真 ふるさと文化伝承館のパンフレットから
            左は土器の表面に土偶が貼り付いているもの
            右は円錐形土偶  約5000年前のもの)
   (2枚目の写真 ふるさと文化伝承館入口)
   (3枚目の写真 パンフレットから
            展示室案内)         
               2012年9月16日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top