TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 大蔵経寺

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201808  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

大蔵経寺

2012.02.16 21:03  投稿者:ぶどうおばさん

JR石和温泉駅北側にある大蔵経寺山の南麓に大蔵経寺があります。722年に行基により創建されたと伝えられる真言宗のお寺です。



1370年足利義満の命で甲斐国守護の武田信成が伽藍を修造、大蔵経を奉納したのが寺号の始まりと言われます。戦国時代徳川家康が武運長久の祈願寺と定めたため葵の紋が寺紋となっています。


伽藍は1690年代と1810年頃に焼失、現在の建物は1830~1850年頃再建されたものとのことです。国の重要文化財である「絹本着色仏涅槃図」(室町時代の作)は非公開ですが複製を見ることが出来ます。県や市の指定文化財も複数あります。庫裏と本堂から見られる枯山水や庭園は見事で、背景の山も含めて秋も美しいだろうと想像されます。


境内には石和七福神のひとつ寿老尊の石像があります。寿老尊は寿老人といわれる不老長寿と智恵の神様です。

  ※庫裏・本堂内部・枯山水と池は拝観料が必要です。

  (1枚目の写真 枯山水
           枯山水は水を使わずに石や砂などで山水の風景を表現
           する庭園様式で、室町時代に禅宗の寺院でよく用いられ
           後に独立した庭園様式として普及したようです)   
  (2枚目の写真 正面奥は池と築山、右は庫裏、左は本堂)
  (3枚目の写真 大蔵経寺全景)
              2012年2月撮影 


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top