TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 八田家書院の雛祭り

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201807  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

八田家書院の雛祭り

2012.02.15 20:30  投稿者:ぶどうおばさん

笛吹市石和町にある八田家書院(県指定文化財)で今日からお雛様が飾られています。


戦国時代武田氏に仕え後に徳川家康から庇護を受けた八田氏は、三千四百坪の土地を朱印地(朱肉の印が押してある文書により所有が保証された土地)としてたまわったそうです。現在は御朱印屋敷跡と、建物としては書院が残るのみです。


1601年に造られた書院は、簡素ですが落ち着いた統一感を漂わせています。ここでのお雛様達は市内の旧家から寄贈された歴史のある雛人形とのことで江戸時代のものが多く、風雅な書院の趣きによく似合っています。お雛様や調度品は上質で精巧なつくりで、じっくり拝見して飽きない美しさがあります。


  八田家書院でひな祭り
     平成24年2月15日(水)~4月9日(月)
     午前9時~午後4時
     休館日 毎週火曜日、3月21日(水)
     入館料 200円

  (1枚目の写真 八田家書院 段飾り
           手前は享保びなの段飾り)
  (2枚目の写真 八田家書院内部
           手前から中の間・奥の間)
  (3枚目の写真 段飾り
           真ん中の特に小さいのは けし雛。けしつぶのように
           小さいことからそう呼ばれるそうです。江戸時代贅沢
           な雛飾りが禁じられた際ひそかに作られたようです。
           段は箱になっていて全ての雛が箱に納まるそうです)
             2012年2月15日撮影
           
           


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

八田家書院の雛祭り•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院のひな祭り
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院のひな祭り•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院の端午の節句
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top