TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > ふるさと再発見ツアー・続篇

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201811  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

ふるさと再発見ツアー・続篇

2011.10.16 21:55  投稿者:ぶどうおばさん

ふるさと再発見ツアーで訪れた場所をもう少し紹介したいと思います。


  (1枚目の写真 山縣神社 社殿
           1725年に巨摩郡篠原村に生まれた山県大弐は
           医学,儒学,漢学,天文学を修め甲府城に勤め後、
           江戸で藩医となり後年は八丁堀で私塾を開き千人
           を超す塾生に学問を教えたそうです。彼は尊王論者
           とみなされ明和3年に謀反の疑いがあると幕府に
           密告され捕えられ処刑されました(明和事件)。
           明治時代になり大弐の存在は評価着目されるように
           なり、大正10年に生地に大弐を祀る山縣神社が
           建立されました。境内には墓所、甲斐市竜王歴史
           民俗資料館があります。民俗資料館には大弐の自筆
           書状などの遺品が収蔵されています。事前連絡要)
     

  (2枚目の写真 柳沢吉保と甲府城展の垂れ幕 県立博物館)
 

  (3枚目の写真 正法寺本堂の飾り
           1579年に建立された本堂は木造の柱や天井が
           落ち着いた色合いで美しく年月の重みを感じます。
           日蓮聖人の花押の掛け軸、日興上人直筆の曼荼羅
           を拝観しました。)

              2011年10月15日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top