TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > ふるさと再発見ツアー

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201804  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

ふるさと再発見ツアー

2011.10.16 20:46  投稿者:ぶどうおばさん

第8回 ふるさと再発見ツアー に参加しました。
これは甲府市・甲斐市・中央市・昭和町からなる広域行政事務組合が基金の運用収益を用いて防災事業やふるさと意識の醸成を目的とした事業を主催しておられるその一環として行ったツアーで、参加費は無料です。
参加者90名は観光バス2台に分乗、甲府市甲斐市中央市昭和町の職員の方々が付き添ってくれます。   行程は

   昭和町総合会館駐車場
     ↓
   正法寺(昭和町)
     ↓
   道の駅とよとみ(中央市)
     ↓
   山県大弐の山縣神社(甲斐市)
     ↓
   かいてらす 昼食
     ↓
   甲府城(甲府市)
     ↓
   県立博物館「柳沢吉保と甲府城」展(笛吹市)
     ↓
   昭和町総合会館駐車場



正法寺(しょうぼうじ)
    日蓮聖人の弟子の一人日興上人が始めたとされるこの寺は1578年
     に洪水のためお堂も流出。翌年昭和町押越に移り今日に至るそう
     です。毎年9月7日に鬼子母神祭が行われその折りだけ御開帳される
     「微笑みの鬼子母神」を特別に拝観させて頂きました。

道の駅とよとみ
   「直売所甲子園」で日本一に輝いた道の駅とよとみ。駅長さんから
     お話をお聞きしました。農産物直売所は好評で、とうもろこし祭り
     の際は2万5千本用意するとうもろこしが2時間ほどで売り切れる
    とのことです。手づくりハム,味噌,ジャム,シルク工芸などの
    特産品や朝どり野菜が勢ぞろいしています。

山縣神社
   参加者の5割程はこの神社を訪れるのは初めてで、私も実は初めて
   です。山県大弐(やまがただいに)は江戸時代の学者で「柳子新論」
   という書の中で「天に太陽は二つ無い。上に立つ人は二人いてはいけ
   ない。」と説いた事から幕府に目をつけられ最終的には処刑された人
   だそうです。説明にあたった甲斐市の職員のお話では、大弐自身は
  「倒幕」という言葉は使っていない、彼の自由な考え方は吉田松陰にも
   影響を与え近年再評価されつつある、ということでした。

県立博物館
   「柳沢吉保と甲府城」展をガイドさんの説明付きで見学しました。
    普段は恵林寺にある重要文化財も一堂に会し明るめの照明でよく
    見ることが出来ました。




訪れる場所が多く、どちらかというとゆっくりは見ることが出来ないツアーではありましたが、昼食や入館料が無料・訪れる先ではガイド付き・個人なら見られない秘仏まで拝観できる、というツアーなので人気は高いようです。


どういう”ふるさと”を”再発見”させてくれるのだろうか?という点に関心があって私は参加しましたが、個人的には山県大弐と山縣神社が新しい発見でした。時代によって評価が逆転するような思想を持つことの勇気と聡明さに興味をひかれます。




甲府近辺の4つの地域がまとまって甲府広域パンフレットを作成し史跡・名勝を
掲載し一体となって観光PRに取り組んでおられることは今回のツアーで初めて
知りました。境界線にこだわらない柔軟な方針は素晴らしいと思いました。


    (1枚目の写真 山県大弐の説明を聞く参加者  山縣神社)
    (2枚目の写真 水晶彫刻展  かいてらす)
    (3枚目の写真 とうもろこしワイン  道の駅とよとみ)
              2011年10月15日撮影

   
   


 


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top