TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 「はやぶさ」不屈の精神

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201804  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

「はやぶさ」不屈の精神

2011.03.16 19:29  投稿者:ぶどうおばさん

甲府市総合市民会館で
   ”小惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセル特別展” 
が3月12日〜16日に開かれました。


小惑星『イトカワ』に到達着陸し表面の物質を採取して地球に持ち帰った探査機
「はやぶさ」の背面ヒートシールド•搭載電子機器•イトカワのサンプルを入れた
円筒やアンテナやパラシュートを収めた器本体•パラシュート(すべて宇宙から
帰還した実物)が展示されていました。



「はやぶさ」は2003年5月にMVロケットで打ち上げられ惑星の誕生時の様子を
留めている小惑星『イトカワ』に行き微粒子を採取し7年の歳月をかけ約60億キロ
の旅をして地球に戻って来ました。


月以外の天体に着陸した探査機が地球に帰還するという世界初の偉業はテレビのドキ
ュメンタリーで放送され、前例が無いことに挑戦するゆえに次々と起きたトラブルを
プロジェクトチームの技術者の方々が日本の宇宙技術の英知を尽くして忍耐強く情熱
を持って乗り越えてこられた様子が映し出されました。

採取用の弾丸が発射されなかった事、燃料漏れやエンジン停止、地球との交信不能の
状態、それらのトラブルの全てを克服なさったチームの方々の「決してあきらめない」
姿は多くの人々の心を打ち、東京で ”「はやぶさ」帰還カプセル特別展”は4〜5時間
待ちの人の列ができていると昨秋のニュースで伝えていました。
カプセルはその後各地で公開され山梨県でも今回5日間展示されました。



前例のない苦境に直面しても 決してあきらめることなく打開策を検討し見出しトラ
ブルを乗り越える、その不屈の精神こそが不可能を可能にするのだと目の前の焦げた
ヒートシールドは教えてくれたように思います。


   (1枚目の写真 帰還カプセル実物大レプリカ
             本物は写真不可)
   (2枚目の写真 特別展入口)
   (3枚目の写真 金星探査機「あかつき」実物大模型
             「あかつき」は平成22年5月に打ち上げられ12月
             に金星周回軌道への投入に失敗。6年後に再接近する
             チャンスに望みを託しているそうです)
                2011年3月12日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top