TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 内裏雛の飾り寿司

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201804  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

内裏雛の飾り寿司

2011.03.03 20:33  投稿者:ぶどうおばさん

今日3月3日、飾り寿司を作る料理講習会に参加しました。
講師は仲澤早苗さんともう一人女性の方です。

メニューは  二色びな
       パンダの巻き寿司
       サクラの巻き寿司     です。


 二色びな
   マッシュポテト+青のりで男雛、マッシュポテト+タラコ振りかけで女雛、
   チーズで顔を作ります。器に盛った寿司御飯の上に内裏雛を乗せ炒り卵と
   イクラで飾ります。彩りも鮮やかで男雛女雛も可愛らしいです。
   5人で1つのグループになり作業したので手際よく出来上がり、仕上げは
   上々です。

 パンダの巻き寿司
   白い寿司御飯の一部をピンクのそぼろとゴマでピンクと黒に色分けし鼻用
   には野沢菜をそれぞれのりで巻いておき、最後に長いのりで白御飯と一緒
   に巻きます。切って盛りつける際に耳をつけ、目はごぼう漬けで作ります。
   切り口を絵にするこういった『飾り巻きずし』は、最後に一緒にして巻く
   際のパーツの位置関係がポイントで、のりで半巻きにしたピンク色の口の
   位置と向きを上手く納められるかどうかが成功か失敗かのカギを握るよう
   です。(ちなみに私は位置が微妙にズレてちょっと不思議な造作になって
   しまったのですが)

 サクラの巻き寿司
   ピンクのそぼろを混ぜた寿司御飯を巻いたものです。しずく形になるよう
   に巻いた2本を合わせてのりで巻きハート形になるように巻きすで整えま
   す。5つに切って5枚の花びらに見立てて盛りつけると桜の花の完成です。


講師の先生方は、「『飾り巻きずし』は一度目は難しくても何度か試すうちに慣れ
て上手に出来るようになりますよ。」とおっしゃって、各テーブルを回り指導して
下さいました。この料理講習会は人気が高く申し込みが殺到し残念ながら参加出来
ない方も多くいるとお聞きしました。


とうてい難しくて無理、と思っていた飾り巻き寿司は体験してみるととても楽しく
て、これを機会に下手でも家で試してみようと思いました。


  (1枚目の写真 二色びな)
  (2枚目の写真 料理中のテーブル
           上手に作成中のグループのパンダの巻き寿司です)
  (3枚目の写真 サクラの巻き寿司
           上手な方のはこんなにきれいです)
       
               2011年3月3日撮影


コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top