TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 八田家書院のひな祭り•続篇

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201807  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

八田家書院のひな祭り•続篇

2011.03.01 20:40  投稿者:ぶどうおばさん

旧暦で明治5年12月3日だった日が新暦の明治6年1月1日と定められて以来
ひな祭りは多くの地域で3月3日に行われています。一部の地域では4月3日に
行い桃の節句として祝っています。山梨では4月3日に行う家もあるので2月〜
4月半ばまでお雛様を見て楽しむことができます。



『八田家書院でひな祭り』では雅びな段飾りの他に少し異色のお雛様も飾られて
います。

 芥子雛(けしびな)
     享保年間にぜいたく禁止令が出され大型の雛人形が規制されたため
     10センチ以下の極小の雛人形が流行しました。芥子粒のように小
     さい、という意味で芥子雛と呼ばれました。

 猩猩(しょうじょう)
     体は猿に似て顔は人間、声は小児の声、人語を理解する無邪気で可憐
     な姿の伝説上の生き物。能の「猩々」では赤い顔赤い髪の酒好きな水
     の精として猩々が登場するそうです。 

 押し絵雛
     錦絵を基にして型に切った厚紙に綿を入れて布で覆い厚みを持たせて
     作られた雛人形。江戸時代後期には全国各地で作られていたそうです
     が平面的な作りであることが人気が下降した理由のようで後に立体的
     な人形にとって代わられ現在に至るようです。
 

   (1枚目の写真 芥子雛
           この段飾りの小さい人形は2センチ程の大きさです。
           土で作られている土雛です)
   (2枚目の写真 猩猩
           こちらの猩猩の人形はなんとも愛らしい様子です)
   (3枚目の写真 押し絵雛
           江戸〜明治時代に作られたものとのことです)
                    2011年2月12日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

八田家書院の雛祭り•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院のひな祭り
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院のひな祭り•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院の端午の節句
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top