TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 竹中英太郎記念館

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201801  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

竹中英太郎記念館

2011.02.14 20:11  投稿者:ぶどうおばさん

昭和初期、江戸川乱歩•横溝正史•夢野久作の小説の挿絵を描いて幻想怪奇な作風で
一世を風靡した挿絵画家竹中英太郎氏の作品を収めた記念館が湯村にあります。


竹中英太郎氏は世界恐慌◦関東大震災◦満州事変という動乱の時代を生き雑誌に挿絵
を発表し東京で活躍されました。しばらく休筆された後、昭和17年に甲府に疎開
され、その後山梨で新聞記者◦労働組合長◦裁判所の調停委員を勤められ湯村に終の
住処を構えられました。戦後は御子息労氏(評論家の竹中労氏)の著書やレコード
の装丁監修をするなど活動を再開されていたそうです。 没後16年経ち御家族が
氏のアトリエを化粧直しして2004年4月に「湯村の杜 竹中英太郎記念館」を
オープンされたとのことです。


この記念館にある竹中英太郎氏の絵は初期の幻想怪奇な挿絵だけではなく氏80歳
頃の作品まであります。後年の絵画を拝見すると、妖艶さと清楚な美しさを併せ持
つ女性が淡い色合いの中に息づいています。繊細な描線、浪漫的なグラデーション。 
湯村にこのような作品を収蔵している記念館が在る事を今回訪れて初めて知り驚き
ました。


館長さん(竹中英太郎氏のお嬢様)は来館者を温かく迎えてくださり、訪れる人は
リラックスした心地良い雰囲気の中で作品を観ておられます。
厄除地蔵尊の塩沢寺から徒歩10分ほどの場所にあります。


  湯村の杜 竹中英太郎記念館
          開館時間 午前10時〜午後4時
          休館日  火曜•水曜日

  (1枚目の写真 竹中英太郎記念館 入口外観)
  (2、3枚目の写真  館内の様子)
               2011年2月14日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

竹中英太郎記念館 特別展
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
湯村温泉資料室
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
湯村山
From:やまなし散歩道
おもてなしがうまい―ーーホテル内の中華料理店
From:秋水長天
10月24日:INFって? (23日は前夜祭?)
From:ゆかしい…緩やかに観る…ゆったりとできる山梨

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:歴史文化産業

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top