TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 八田家書院のひな祭り

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201909  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

八田家書院のひな祭り

2011.02.12 19:52  投稿者:ぶどうおばさん

笛吹市石和町にある八田家書院でひな祭りが開催されています。
八田家に代々伝えられてきた雛飾りや市内の個人が所蔵されていた貴重なお雛様
達が展示されています。江戸享保時代〜昭和時代のお雛様です。


中でも享保時代の内裏雛は楕円の頭部に長い首が特徴的で、なだらかに続く肩へ
の線は優美です。牡蠣の殻の粉末を塗り作られたという白い顔は穏やかな表情で
その上品さが人を引き付けます。 他の江戸時代のお雛様も保存状態が良く顔の
表情や衣装の模様◦色も美しく雅びな様子です。


段飾りの他「楊貴妃」「猩猩(しょうじょう)」「布袋」「三番叟」などの個々
の雛人形、そして「押し絵雛」「芥子ひな段飾り」があります。「芥子ひな段飾
り」は雛人形を禁じられた人々が見つからないように作った極小のミニチュア版
段飾りです。
他にも、日常生活用の御駕篭•膳•箪笥•衣装箱•楽器(琴や三味線)などの調度品
も多く、緻密なつくりを見るとこれらを所有していた人々が豪商•豪農であった事
が伺われます。


 『八田家書院でひな祭り』
      平成23年2月11日(金)〜4月10日(日)
      休館日  毎週月曜日と3月22日(火)
       土•日•祝日は甘酒のサービス(午前10時〜午後3時)

  (1枚目の写真 享保雛 内裏雛の男雛と女雛)
  (2、3枚目の写真 段飾り)
            2011年2月12日撮影
  


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

八田家書院の雛祭り•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院のひな祭り
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院のひな祭り•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
八田家書院の端午の節句
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:イベント・祭

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top