TOP > ブログ一覧 > ぶどうおばさんの山梨見どころ記 > 不老園の梅

プロフィール

山梨が好きなのに、とっさには山梨の
良さを言えなくて、少々焦る甲府在住
の人間です。
山梨に関する事、甲府に関する事を
調べてレポートしてゆきます。
そうした中で、山梨の魅力を見つけ伝
える事が出来れば、と、考えています。
 ジャンルは? ....いろいろデス☆


     

ブログ内検索

カレンダー

<< 201806  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

最近の記事

カテゴリー

最新のコメント

関連リンク

不老園の梅

2011.02.04 21:17  投稿者:ぶどうおばさん

JR酒折駅北側の山の斜面にある梅の名所「不老園」が開園しています。
今年は開花が1週間程早い、と新聞で読んだので立春の今日訪れてみました。



園内は、まだ蕾だけの梅の木も多く全体では1〜2分咲きといった印象ですが早咲きの
梅は6〜7分咲いています。寒紅梅の赤、冬至梅•開運梅•甲州野梅の白、扇流し•日月
しだれの薄ピンク。花びらは時折吹く風にそよぎ、ほのかな梅花の香りを漂わせます。

こちらの梅園は市内の呉服商奥村氏が全国を歩き苗を集め植え明治30年に開園された
とのことなので、園内の梅の木は直径15㎝程のものも多く苔むした太い主幹と可憐な
梅花の対比もまた趣きがあります。

菅原道真公を祀る北野天満宮より分霊したという『梅天神』の脇にある日月しだれは樹
丈5m程の薄ピンクのしだれ梅で、今日の時点では4輪ほどの花が見えました。満開時
はさぞ美しく迫力があることでしょう。



「不老園」は山の斜面を切り崩した5万平方メートルの場所に20種類3200本の
梅•桜•南天•つつじ等を植えてあるそうです。山の西側には”不老の門を入り奇岩•名木
の間を逍遥して長生の庵に至る” の碑の通り『長生閣』や『逍遥の池』が造られていま
す。梅の花は早咲き→中咲き→遅咲きの順に開花してゆき3月下旬まで楽しめるとの事
です。


園内では「フォトコンテスト」や「梅盆栽展」が催されていて売店ではおでんや甘酒や
不老園限定の梅干し『不老園の梅』を販売しています。

    開園期間 平成23年2月1日〜3月下旬
    場所   JR酒折駅 徒歩7分
           (隣接して連歌で知られる「酒折宮」があります)
    
     (1枚目の写真 園内の梅と梅天神)
     (2枚目の写真 白梅)
     (3枚目の写真 みはらし台付近の梅)
                  2011年2月4日撮影


この場所を地図から探す


近くのエリアの記事

不老園の梅•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
不老園の梅
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
不老園の梅•続篇
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
不老園の梅の花
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記
酒折宮 連歌発祥の地
From:ぶどうおばさんの山梨見どころ記

コメント(0) | この記事のURL | カテゴリー:四季・レジャー

コメント

コメントを投稿する

ボタンをクリックしてもコメントフォームが開かない方は、
お使いのブラウザのポップアップブロック機能を解除してください。

▲Page Top